景色を眺める

93 の用例 (0.00 秒)
  • 通路側の窓に下ろしたシェードをあげて、深夜の景色を眺める者もいた。 西村京太郎『寝台特急(ブルートレイン)殺人事件』より引用
  • この頃、窓の外の景色を眺める客がいなくて、眠るか本を読むかしている。 山口瞳『還暦老人ボケ日記』より引用
  • 最優先の調査事項に忙殺され、景色を眺める暇などだれにもなかった。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • たまには馬上にあって、のんびりと景色を眺めるのもようございます。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』より引用
  • 俺は外回りの営業をさぼって、ここで景色を眺めることが日課になってた。 松岡圭祐『千里眼 The Start』より引用
  • 前になぎさを通ったのは乗り初めのときで、周囲の景色を眺めるゆとりなどなかった。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 冒頭で主人公が伊香保の温泉宿から景色を眺めるところから始まる。
  • 二年前、軍用列車で運ばれてくる時は、ゆっくり景色を眺めるような余裕もなかったが。 村山由佳『星々の舟』より引用
  • 背筋をまっすぐにして、周囲の景色を眺める余裕ができている。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 彼の家から見晴らすことのできる景色とほとんど同じ景色を眺めることができるのである。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • そこで、私は三つの窓から外の景色を眺めるのでした。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 元来私は子供の時から汽車に乗って車窓の景色を眺めるのが好きだったが、その趣味は今でも抜けない。 浜尾四郎『途上の犯人』より引用
  • 車窓にうつる街の景色を眺めるゆとりなど、今の彼には、まるでなかった。 荒俣宏『帝都物語2』より引用
  • 着いたら二人で、ただ何というわけもなく景色を眺める。 むぅ『「花火」 ~いつか果たされる約束~』より引用
  • この建物には塔があり、学校の児童達が上って景色を眺めることができたが、その後安全上の理由から取り外された。
  • こんな海の傍に居ながら、この静かな夕暮の海辺の景色を眺める閑もなかつたのか! 牧野信一『鱗雲』より引用
  • 特にパレットタウン大観覧車などお台場方面の景色を眺めることができる。
  • 椅子いすに座って外の景色を眺める彼女の横顔に、寂しさと同時に険しさを感じたからだ。 新津きよみ『招待客』より引用
  • 是守 なにしてるつて、こゝは、かうして、海の景色を眺めるところでせう。 岸田国士『秘密の代償』より引用
  • しかし、風通しをよくするために開けていることはあっても、その窓から景色けしきながめることはなかった。 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • 次へ »

景色を眺める の使われ方