普く世

5 の用例 (0.00 秒)
  • 然れども不幸にも出版後、直に震災に遭へるが為にあまねく世に行はれず。 芥川竜之介『内田百間氏』より引用
  • 余は之を本邦警察権の為めにあまねく世の識者に訴へざるべからず。 木下尚江『鉱毒飛沫』より引用
  • 原作はいろいろな意味で世界演劇史の一時期を画した名戯曲であるが、フランス十八世紀がこの作品を生んだことによつて、演劇的にも貧しい時代ではなかつたことを証明しているばかりでなく、いわゆる旧制度崩壊の空気がいかに濃厚であつたかを普く世に知らしめる事が出来たといゝ得るのである。 岸田国士『秘伝の名訳』より引用
  • 他年抽斎の師たり、年長の友たるべき人々のうちには、現にあまねく世に知れわたっているものが少くない。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • レオナルドの解剖図の方は、誰かが大事に仕舞い込んでしまい、やがて再び普く世に流布するまでは、解剖学への直接の影響はよく判らない。 養老孟司『ヒトの見方』より引用