普く

全て 形容詞 副詞
107 の例文 (0.00 秒)
  • 一七八九年フランス革命が起ると同時に民衆に破壊されたことは普く知られている。 ...
  • 後に「社会主義概論」と改題して出版されその頃普く愛読されたものだ。 ...
  • 然れども不幸にも出版後、直に震災に遭へるが為にあまねく世に行はれず。 ...
  • 一番の勝負の果てぬ間に、宮といふ名はあまねく知られぬ。 ...
  • 他人に理解された瞬間から、それは正介一人の王国ではなくなり、あまねく開国されてしまうのだ。 ...
  • あまねく一切の人々をみな行かしめ終わった。 ...
  • しかるに甲武信岳なる名称が普く行われるようになって、三方の名は迷子になった形であった。 ...
  • 然れどもあまねく辛苦して材料を蒐聚しうしゆうするに至りては吾人は之に敬服せざるを得ず。 ...
  • ルナールは性来の音楽嫌いを標榜ひょうぼうしているが、皮肉にもその作品が世界中の美しいのどによってあまねく歌われているのである。 ...
  • この機能は真核生物において普く共通した特徴である一方、ゴルジ体の形態的構成はは細胞の種類や生物種によって異なっている。 ...
  • クマザサは一にヤキバザサという小竹にして本邦あまねくこれを産す。 ...
  • 被害の程度を警察によって掘りおこされ、夫婦のプライバシーをあまねく晒してしまう。 ...
  • この二大発見は法律史上に最も貴重なる材料を与え、法学の進歩に偉大なる功績があったことはあまねく人の知るところである。 ...
  • ひろく我国各地に植えてあって普く人も知っているいわゆるバショウは昔中国から渡来したものだが、しかしそれがいつの時代であったのか今私には不明である。 ...
  • 余は之を本邦警察権の為めにあまねく世の識者に訴へざるべからず。 ...
  • 近く有形のものについて確かなる証拠を示さんに、両親の身体に病あればその病毒は必ず子孫に遺伝するを常とす、人のあまねく知る所にして、夫婦の病は家族百病の根本なりといわざるを得ず。 ...
  • というのがあって、ふるくから普く人口に膾炙している。 ...
  • 次へ