晩年に口述

4 の用例 (0.00 秒)
  • 最晩年に口述筆記で、著作を2冊出版している。
  • 初代のこうした「芸談」は、それを直に見聞きしたという狂言作者の福岡彌五四郎が晩年に口述、この他にも数人の役者の芸談を加て『役者論語』という一冊の本にまとめられた。
  • 晩年に口述による自叙伝『名ごりの夢』を残した。
  • この説の根拠としては、元新選組幹部・永倉新八が晩年に口述した『新選組顛末記』や、新選組が屯所として利用した京都西本願寺の寺侍・西村兼文が残した『新撰組始末記』などが挙げられる。