時点で暫定総合

17 の例文 (0.00 秒)
  • ハードジャンパー終了時点で暫定総合4位だった森は、ここで暫定総合3位に浮上。 ...
  • MONSTER BOX終了時点で暫定総合2位につけていたケインは、前年の秋に行われた芸能人大会で骨膜炎を発症した影響かこの種目に出場せず、暫定総合3位に後退した。 ...
  • またPOWER FORCE終了時点で暫定総合7位だった山崎はこの種目で第3レースまで進んだ事で暫定総合6位に浮上し初のファイナル進出。 ...
  • 対してSPIN OFF終了時点で暫定総合6位だった見目が9位に沈み、同組だった須藤に先着されると共に逆転され、脱落となった。 ...
  • 山岸はヘビープレス終了時点で暫定総合16位と大きく苦戦を強いられていたものの、この種目を制したことで暫定総合5位へと一気にジャンプアップ。 ...
  • MUSCLE GYM開始時点で暫定総合5位タイだったが、この種目前回同様低記録に終わり、総合7位タイに後退して脱落。 ...
  • また、韓国から史上初となる海外からの参戦を果たしたイワンは、SPIN OFFで準決勝進出等、安定した成績でTAIL IMPOSSIBLE開始時点で暫定総合8位。 ...
  • 第5種目パワーウォールでは、ザ・フェンス終了した時点で暫定総合10位に甘んじていたKENZOが、1回戦で滝川を、2回戦では佐野と対戦し、余力を残して勝利する。 ...
  • またMONSTER BOX終了時点で暫定総合7位にいた白井は、MUSCLE GYMで2位に入ったことで暫定総合5位に浮上し、佐藤と共に新王者チャレンジバトルと連続してファイナル進出を決めた。 ...
  • TAIL IMPOSSIBLE終了時点で暫定総合6位以内だった、坂口、ケータ、宮下直紀は、前述の3人に逆転されて脱落という形になった。 ...
  • また、プルズドライブ終了時点で暫定総合2位につけていた延山はパワーウォール初戦で魔裟斗と激突し、序盤は魔裟斗に対して粘るも、魔裟斗の脅威的パワーに敗れ、総合4位で10P差で最終種目への切符を逃した。 ...
  • この結果、SHOT-GUN-TOUCH開始時点で暫定総合1位の池谷を暫定総合2位の赤田が15P差で追う展開に。 ...
  • 第3種目終了時点で暫定総合4位だった大池は、パワーウォール1回戦で暫定総合5位の梶原に敗れファイナリスト逃し、梶原は2回戦で暫定総合1位タイの平野に勝利したが、準決勝で野村に敗れファイナリストを逃した。 ...
  • またSPIN OFF終了時点で暫定総合7位だった須藤がBURN OUT GUYSで3位に食い込み、暫定総合6位へと浮上し逆転でファイナル進出。 ...
  • 逆にTAIL IMPOSSIBLE終了時点で暫定総合4位の西山が時間切れ失格、暫定総合5位のつるのが8位と低迷し結果、西山が総合8位、つるのが総合9位とファイナリストを逃した。 ...
  • なお、脱落は免れたものの、TAIL IMPOSSIBLE終了時点で暫定総合2位だった大森晃が時間切れ失格で、暫定総合6位降格で、優勝争いから、脱落となった。 ...