時折

全て 名詞
7,708 の用例 (0.02 秒)
  • 餓死した死体を時折り眼にするようになったのは、その頃からであった。 吉村昭『法師蝉』より引用
  • ここに来てから時折感じていた視線は、ひょっとして今の少女のものか? 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • 時折、かれも一緒になって周囲にある自分の財産を呆然として見つめた。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 教誨師が時折私の房を訪れてきて、私の解らぬところを説明してくれた。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • その男は、その後も、例の二人の女と一しょに時折り教会へやって来た。 モーパッサン・ギ・ド『親ごころ』より引用
  • それでも彼は、時折子供達相手の遊びに変に真剣になることがありました。 豊島与志雄『香奠』より引用
  • クラスも時折その建物に出入りしていた人たちのことは知っている。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅶ Side Colors』より引用
  • それから時折事務所のほうを眺めているうちに、十分近くが経過していた。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • しかし時折こうしてなにかで発散させないと気が変になりそうなのだ。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • 鎖にぶら下がり、時折日の光を反射してかがやく石を見てクラスは息を飲む。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅶ Side Colors』より引用
  • 時折こちらに絡みつくような視線を送ってきていることは知っていた。 水戸泉『ヴァンパイア・プリンセス』より引用
  • 時折り返ってみたけれど、そんなことをしたってどうにもならない。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • 幸福で華やかな女友だちには時折訪れていた勝利を私も手にしたのだ。 林真理子『ピンクのチョコレート』より引用
  • 教室の窓の外から号令をかける配属将校の塩から声が時折きこえてくる。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • あの村には座敷牢ざしきろうがあってな、なんて噂話うわさばなしが時折酒の席で出ることがある。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • この年以後三一年まで、時折りをチューリッヒで冬を過ごすようになる。 ヘッセ/岩淵達治訳『車輪の下』より引用
  • なにがおかしいのか、時折わけのわからない冗談じようだんを言って笑う癖のある女だ。 阿刀田高『待っている男』より引用
  • 兄がるす中、それに似たようなことを京弥と二人して時折試みていた筈じゃ。 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 時折これまで見せたことがないくらい憔悴しょうすいした顔を見せるので心配している。 岩田洋季『月の盾』より引用
  • テレビや雑誌で時折見かけるせいか、初対面のような感じがしなかった。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • 次へ »