時代初頭

211 の用例 (0.01 秒)
  • 江戸時代初頭の時点で、明治に長篠村となる範囲には14村が存在した。
  • 飛鳥時代から明治時代初頭までは、和釘が各種建築物に用いられていた。
  • 明治時代初頭に第一国立銀行や現在の東京証券取引所が開設された。
  • 江戸時代初頭は播磨一国を支配する姫路藩池田氏の領有する地であった。
  • 江戸時代初頭までは、この地が高天原だというふうに考えられていた。
  • 藩主家の相良氏は鎌倉時代初頭の建久4年、この地の地頭に任ぜられた。
  • 江戸時代から明治時代初頭にかけての、北海道内の主な陸上交通路を記述する。
  • 巨大建築で知られる現在の堂塔伽藍は平成時代初頭に落成したものである。
  • 日本へは明治時代初頭に寝具というよりも防寒具として導入された。
  • シャツは、江戸時代最末期~明治時代初頭の頃に日本へもたらされた。
  • 江戸時代初頭の架空の藩を舞台に展開され、主人公もまた架空の人物である。
  • 江戸時代初頭には姫路藩領であったが、1617年からは明石藩領である。
  • 日本にはアメリカから伝えられ、明治時代初頭に北海道に導入されたのが始まりとされる。
  • やはり土器片は弥生時代末から古墳時代初頭のものと見られている。
  • それ以降は江戸時代初頭に到るまでに多くの城の石垣が穴太衆の指揮のもとで作られた。
  • 台地は、奈良時代から平安時代初頭にかけて終末期古墳が構築されている。
  • 江戸時代を通じて渡しは増え続け、最盛期の明治時代初頭には20以上の渡しの存在が確認できる。
  • 江戸時代初頭は播磨一国を支配する姫路藩池田氏の所領であった。
  • 江戸時代初頭の元和年間に春慶塗が伝えられたことに始まる。
  • 江戸時代初頭に完成し、外様大名の福岡藩黒田氏の居城であった。
  • 次へ »