時代の回想

37 の用例 (0.00 秒)
  • 子供時代の回想シーンでは堀絢子、ごく一部を野沢雅子が担当している。
  • 退社後は編集者時代の回想を軸とした執筆活動を行った。
  • 主人公の子供時代の回想シーンに登場する姉の少女役を演じ、上半身の美しい裸体を見せた。
  • エレン・ハンセルは後に、テニスを始めた少女時代の回想を語った。
  • しかし、その独白とは裏腹に、藤野の意識は病院時代の回想で占められていた。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • 多分に自己の少年時代の回想に基づいているこの作品の完成のために、この時期に彼はモデルとなっている故郷の町カルフにも帰省している。 ヘッセ/岩淵達治訳『車輪の下』より引用
  • 作者の人気作家時代の回想として、週刊誌で人気を取って読み切りで好きなものを描いた、という。
  • 少年時代の回想とも言える『車輪の下』も、こうした安らぎの生活のなかで執筆されたのである。 ヘッセ/岩淵達治訳『車輪の下』より引用
  • 佐伯に少年時代の回想を楽しんでいる余裕はなかった。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • 長らく名前を変えて東ベルリンに住んでたんだが、年老いてから戦争時代の回想録を執筆しっぴつしていた。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 物語の構成は、戦後22年の時点に、敗戦直後の時代の回想をランダムな時系列で所々に入れ込み、過去と現在の主人公の複雑な心理を表現する流れとなっている。
  • つかさの居る時はつかさといろいろのことを話していたので、気持は山登りのことから離れたが、つかさが家へ帰ってアパートに一人にされると、山代は窓の方に眼を当て、倦かず梢を眺め、それから遠い青春時代の回想へとはいって行った。 井上靖『崖(下)』より引用
  • 成人した市川亮太の少年時代の回想という構成を取る。
  • 各巻末には〈研究篇〉が設けられ、同時代の回想や注目すべき文献が収められると同時に、収録作家の年譜も付載されている。
  • その後ジョージタウン大学戦略国際問題研究所に招かれ、在職中次々と政権時代の回想録を発表し、話題を呼ぶこととなった。
  • この頃に教師時代の回想を小説「登攀」として描く。
  • 構想の当初は少年時代の回想にはさほど重きが置かれていなかったが、この間にフォイエルバッハの唯物論的人間学に触れて影響を受けたことによって、少年時代からの成長物語が前面に押し出され、瞑想的な傾向に変わって心理的・写実的な傾向を強く帯びることとなった。
  • バーゼル時代の回想のなかで重要なのは、母親のすばらしい物語の才能と、彼の魔的な領域のふれあいとも見られる「小さな男」との出会いである。 ヘッセ/岩淵達治訳『車輪の下』より引用
  • 物の内部にある死、或いは一つの魂の中に生れながらにしてはぐくまれている死が、この作品ではパリの現実と、マルテの幼年時代の回想と、歴史や伝説の記述との、三つの部分を通じて常に我々をおびやかしてやまない。 福永武彦『第三随筆集 枕頭の書』より引用
  • その後もデイヴィスは欧州と南部を往復しながら政治活動を続け、連合国時代の回想録となる『』を執筆するなど、連合国の大義を訴え続けた。
  • 次へ »

時代の回想 の使われ方