時の元号

14 の用例 (0.00 秒)
  • 当資料では、江戸時代の地震に於いては発生時の元号を冠し区別している。
  • 在世時の元号の道光を取って道光帝と呼ばれる。
  • 在世時の元号の同治を取って同治帝と呼ばれる。
  • 寺院の名はこの時の元号より。
  • 道路の大部分が明治末期に整備されており、並行して走る「昭和通り」が建設時の元号に因んで命名されたことと同様、建設時の元号に因む。
  • 在世時の元号の光緒を取って光緒帝と呼ばれる。
  • 在世時の元号の嘉慶を取って嘉慶帝と呼ばれる。
  • そのため当初は「目印山」と名づけられたが、のちに築かれた時の元号から天保山と称されるようになった。
  • 在世時の元号を取って雍正帝と呼ばれる。
  • 在世時の元号を取って順治帝と呼ばれる。
  • 在世時の元号の咸豊を取って咸豊帝と呼ばれる。
  • 学校所在地の旧今宮村が中世には漁村として栄え、宮中に大鯛を献納する役割を担っていたことで、1557年4月に後奈良天皇が村に対して感謝の意を示す文書を出したという故事から、時の元号・弘治を学校名として採用した。
  • 在世時の元号の乾隆を取って乾隆帝と呼ばれる。
  • 在世時の元号康熙を取って康熙帝と呼ばれる。

時の元号 の使われ方