時どき

全て 副詞
907 の用例 (0.00 秒)
  • わたし達は、時どきそれを耳にしましたが、その理由は誰も知りません。 クイーン/二宮佳景訳『オランダ靴の秘密』より引用
  • 明け方に家にもどって、昼ごろまで寝ているようなことが時どきあった。 藤沢周平『夜消える』より引用
  • 胡の兄弟及び母親は、時どき女に遇いにきたので村の人は皆それを見た。 田中貢太郎『胡氏』より引用
  • そのくせ時どきはいいことをしてよかったという気がしないこともなかった。 モーパッサン/杉捷夫訳『シモンのパパ』より引用
  • そんなことがきっかけで、おれたちは時どき会うようになり、結婚した。 星新一『地球から来た男』より引用
  • すると、それまで黙っていた平八が、ここには時どき来るのかと言った。 藤沢周平『三屋清左衛門残日録』より引用
  • 署内でも、時どき、わたしの体をじろじろとながめていることがあった。 喜多嶋隆『ブラディ・マリーを、もう1杯』より引用
  • おことという名のその娘に、市蔵はそれから時どき出会うようになった。 藤沢周平『暁のひかり』より引用
  • 静まり返っている暗い森の中で時どき同じレベルの音がしていたことになる。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • 正面の席にいる千葉だけが、時どき大きな掌で顎をなでるだけである。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • 固い音が時どきするのは突き当っていく黄金虫ぶんぶんの音でもあるらしかった。 梶井基次郎『ある心の風景』より引用
  • 固い音が時どきするのは突き当って行く黄金虫ぶんぶんの音でもあるらしかった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 彼女は汽車の窓側まどぎわにきちりとひざを重ねたまま、時どき窓の外へ目を移した。 芥川竜之介『春』より引用
  • 江戸の町を歩いていると、時どきそういう感じをうける場所があった。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • 彼は時どき片袖で涙を拭きながら、両の拳で母の額を軽く叩いてゐるのである。 神西清『母たち』より引用
  • それからだ、里尾が時どき背中を流してくれるようになったのは。 藤沢周平『隠し剣孤影抄』より引用
  • 時どき彼らは日向ひなたや土の匂いのするようなそこの子を連れて来て家で遊ばせた。 梶井基次郎『雪後』より引用
  • 時どき彼等は日向ひなたや土の匂いのするようなそこの子を連れて来て家で遊ばせた。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 時どき額を寄せて何かささやき合うこともあるが、すぐに顔を前にもどす。 藤沢周平『夜消える』より引用
  • 第二は、エコー信号の変質の特性はその時どきで変わるという点である。
  • 次へ »