映る

全て 動詞
4,951 の用例 (0.01 秒)
  • また天井のガラス窓には、地球でみたより二倍も大きい月が映っていた。 フレドリック・ブラウン『発狂した宇宙』より引用
  • 確かにここにある自分のからだが、人の目に映らなくなってしまうのだ。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • ピアノのふたに電燈の映った「わたしたちの巣」が見えるような気がする。 芥川竜之介『或恋愛小説』より引用
  • たった一年で何という変わりようだと彼女は鏡に映る自分を見て嘆いた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • だが、背後にいる子供のすることは、ちゃんと鏡に映って眼にはいった。 ジッド/石川淳訳『背徳者』より引用
  • もしコンドル以外に見ているものがあれば、奇妙な光景に映っただろう。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • さざ波一つ立たない池に映った丘の森の色もまたなく美しいものである。 寺田寅彦『写生紀行』より引用
  • 幾度いくたびか既に温暖あたたかい雨が通過ぎた後の町々の続いた屋根が彼の眼に映った。 島崎藤村『新生』より引用
  • その時彼女の眼に、寝室から出て来たある人物の姿が映ったのでした。 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』より引用
  • 後ろに電燈の光を受けた真黒な影が障子の腰硝子に薄すらと映っていた。 豊島与志雄『幻の彼方』より引用
  • どうすればカメラに映ることができるか、という方法は教えてもらった。 山本弘『妖魔夜行 私は十代の蜘蛛女だった』より引用
  • それからその空々そらぞらしさがよく相手の頭に映っているという事も自覚した。 夏目漱石『行人』より引用
  • それだのにそこに映っているのは確かにだれか見も知らぬ人の顔だ。 有島武郎『或る女』より引用
  • そしてのぞき込んだ彼の眼に映ったものは意外にも職工頭の山田の顔だった。 吉田甲子太郎『秋空晴れて』より引用
  • そのうしろに、ツィマーマン夫人の顔が映っているのがかすかに見える。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会4)鏡のなかの幽霊(TXT)』より引用
  • 彼の心にはすべてこう云う物語が厳粛な人生問題として映るらしかった。 夏目漱石『行人』より引用
  • 何をするかわからない危険人物のように刑事の眼には映って見えた。 田山花袋『トコヨゴヨミ』より引用
  • 笑顔を浮かべているはずなのに、映っている私は涙を浮かべているのです。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • 気のせいかその禿が普通の時よりは少し赤いように、津田の眼に映った。 夏目漱石『明暗』より引用
  • 当時の私の眼に映った先生と奥さんの間柄はまずこんなものであった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 次へ »