星暦四四

17 の例文 (0.00 秒)
  • 星暦四四六年、タイタニアの時代は揺るぎなくなおつづいているかに見える。 ...
  • 星暦四四六年は動乱と混沌こんとんのうちに過去へ歩み去ろうとしている。 ...
  • 星暦四四六年一〇月のことであって、歴史上、両者の武力衝突は、これが最初の例となった。 ...
  • 星暦四四六年五月二九日のことである。 ...
  • 星暦四四六年八月一〇日のことである。 ...
  • 星暦四四七年二月一日から三日にかけて、タイタニア軍は海面上と海面下における索敵行動をつづけた。 ...
  • 星暦四四六年一二月に始まったバルガシュ共和国とヴァルダナ帝国との戦争を、翌年二月に人々はそう呼ぶようになった。 ...
  • 星暦四四六年五月一七日。 ...
  • 星暦四四七年四月一五日。 ...
  • 星暦四四七年の二月から三月にかけて、タイタニア一族の本拠地である「天の城ウラニボルグ」は、いささか節度を欠く噂の中心地となった。 ...
  • 星暦四四六年の二月から一二月にかけて、惑星バルガシュの政界は過去に例のすくない困惑と混乱にみまわれた。 ...
  • したがってタイタニアの構成員が陰謀に対して免疫がないはずはないのだが、星暦四四七年のその時期には、彼らのほぼ全員が困惑し、冷静さを欠いていた。 ...
  • だが、特等席で見物を決めこんでいた彼が、にわかに舞台に引きずりあげられて深刻な演技を強制されるに至ったのは、星暦四四七年一月一七日、「天の城ウラニボルグ」最高会議室においてのことである。 ...
  • 星暦四四七年、タイタニア一族のアリアバート公爵は大小一万九七〇〇隻の艦艇を率いて、バルガシュ政府を倒す征旅に就いた。 ...
  • 星暦四四七年五月一九日、イドリス・タイタニアがアリアバートとジュスランとに与えた出頭期限の前日であった。
  • だが「タイタニアなくして帝国なし」と名実ともに宇宙の覇王を公言する彼らは、星暦四四六年、八代目アジュマーンの時代を迎えた時、連盟の都市エウリアに出した最新の化学式半透膜の技術の売却要求を拒否されたことに端を発したケルベロス会戦で、一族のアリアバートが敗北の屈辱を喫した。 ...