星座の書

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • それらを、集大成として一冊の本にまとめたものが、『星座の書』である。 ...
  • 更に、『星座の書』の影響は、ヨーロッパの天文学者にも及んでいる。 ...
  • もう一つ、『星座の書』の星図における重要な特徴は、必ず左右反転した二つの星図が対になって描かれていることである。 ...
  • また、は天文学史についての著書の中で、アッ・スーフィーと『星座の書』に度々言及している。 ...
  • なお、大マゼラン雲を初めて記録したのも『星座の書』といわれているが、『星座の書』の中で大マゼラン雲のある辺りについて解説した記述には、多くの明るい星がある、とあるだけで「雲」とは書かれておらず、アッ・スーフィーが書き残したのは大マゼラン雲ではない可能性が高い。
  • アピアヌスはアッ・スーフィーの『星座の書』を知っていると明言しており、アピアヌスが出版した星図の中には、西洋の星座にはなくアラビア伝承のアステリズムに由来する絵が描かれたものが存在し、著書『皇帝天文学』ではアラビア由来の13の星の名前を記している。 ...
  • thumb|『星座の書』の写本中、「鎖に繋がれた女」に「大きな魚」が合わせて描かれた挿絵。 ...
  • Cr 399について史上初めて言及した資料は、ペルシャ人の天文学者アル・スーフィーが964年頃に著した『星座の書』とされる。 ...
  • 主著として『星座の書』などがある。 ...
  • また、『星座の書』では、1等級未満の中間的な明るさの違いを、『アルマゲスト』の3分の1等級を上回る、4分の1等級まで区別しようとした節があるが、そのことについてアッ・スーフィー自身による説明はない。 ...
  • 当時最も信頼できる値とされていた、66年で1度という歳差を採用し、これに『星座の書』の元期とした西暦964年と、『アルマゲスト』の元期とされる西暦125年の差、839年を掛けた12度42分を、『アルマゲスト』の黄経に加えて、自身の座標とした。 ...
  • 出典: ボドリアン図書館 『星座の書』でアッ・スーフィーは、アンドロメダ銀河の存在についても記録しており、アンドロメダ座の解説の中で、アンドロメダ座からうお座にまたがる2本の星の列の起点に「雲のようなシミ」がある、と記述されている。 ...
  • 著書は『星座の書』、『アストロラーベの使用法』など。 ...
  • また、カズウィーニーの百科全書『被造物の驚異と万物の珍奇』では、星座の解説を『星座の書』から引用している。 ...
  • thumb|260px|right|『星座の書』のアンドロメダ座の図アブドゥル・ラフマーン・アル・スーフィーは、ブワイフ朝時代に活躍したペルシア人の天文学者である。 ...