星の瞬く

10 の用例 (0.00 秒)
  • 後には、雲の隙間すきまに星のまたたく夜空が残されていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第10巻』より引用
  • けれど、星の瞬く夜空は、その東の端のほうがうっすらと赤みを帯び始めている。 大石圭『飼育する男』より引用
  • シャッターを上げたガレージから、白い排気ガスが星の瞬く夜の空に流れ出て行くのが見える。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • ダームストラング生は分厚い毛皮を脱ぎ興味津々で星の瞬く天井を眺めていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • ふと夜空を見上げた一弥は、星のまたたく暗い空が、とつぜんある場所から遮断しゃだんされているのに気づいた。 桜庭一樹『GOSICK 第1巻』より引用
  • とうとう、夜中の十二時ごろ、霧が晴れて、ジェルマンの眼にも、木の間ごしに星の瞬くのが見えるようになった。 サンド/宮崎嶺雄訳『魔の沼』より引用
  • 大広間の壁はキラキラと銀色に輝く霜で覆われ、星の瞬く黒い天井の下には、何百というヤドリギヤ蔦の花綱が絡んでいた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • しわがれたその声が、聖堂の天井てんじょう高く、ステンドグラスのきらめきもえて、星のまたたく夜空高くにひびわたる。 桜庭一樹『GOSICK 第2巻』より引用
  • ローカル列車で約三十分、都心から二時間余という遠隔地にも、続々と宅地が造成され、悲しきサラリーマンは冬の朝など、まだ星のまたたく時間に出勤しなければならない。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • つぶやきながら、星の瞬く夜空を仰ぎ見た。 大石圭『自由殺人』より引用