明治初頭

88 の用例 (0.01 秒)
  • 明治初頭の廃城令により廃城処分とされ、ほとんどの建物は破却された。
  • 明治初頭の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き様を描く。
  • 日本では、明治初頭の1886年に東京の町工場で製造が始まった。
  • 空手は、もともと明治初頭の頃の沖縄では、手もしくは唐手と呼ばれていた。
  • 明治初頭、日本の科学研究は治療効果と無関係に行われていた。
  • 明治初頭の学制は、六歳から下等四年間、十歳から上等四年間である。 橋本克彦『日本鉄道物語』より引用
  • また元禄年間に灯台として灯籠が山上に設置され、明治初頭まで使われていた。
  • 江戸時代末期から明治初頭にかけては多くの流派があった。
  • 有限責任制は現代では普通のことであるが、明治初頭においては画期的な形態である。
  • 明治初頭に東京で撮影された写真では街路を歩く通行人は現在と同様な手の振り方をしているのが分かる。
  • 明治初頭に円、銭とともに日本の通貨単位として制定された。
  • このような陣屋の一部は、江戸末期から明治初頭において城郭化や拡張が行われたものもある。
  • 現在見られるような正面外観を持った本棟造りが作られるようになったのは、江戸時代末から明治初頭であると考えられている。
  • 明治初頭の寺院整理神社統合により、別当大乗院は廃止された。
  • 明治初頭の頃まで、唐手以前の「手」は特に沖縄手と呼ばれ、唐手とは区別されていたとされるが、両者の間にどのような相違があったのかは不明である。
  • 明治初頭の上知令で寺社の領地が廃止されたため、一時的に日本全国の寺社の御田が消滅した。
  • 網受けは明治初頭に神域に相応しくないと禁止された。
  • 明治初頭の大啓蒙家の一人であった福沢諭吉の「学問のすゝめ」は明治五年に発表された。 宮本百合子『婦人と文学』より引用
  • しかし明治初頭の日本では、この知識は舶来された文明開化の医学知識として受け取られた。
  • 明治初頭、日本政府は近代化に必要な都市を築くため、西洋建築の技術を得ようと躍起になっていた。
  • 次へ »

明治初頭 の使われ方