早くから音楽

15 の用例 (0.00 秒)
  • 早くから音楽に興味を示し、6歳の時に最初の作品を作曲した。
  • 役者を両親に持ったシリヤは祖父に師事し、早くから音楽の才能を見せる。
  • 早くから音楽の才能を示し、6歳で最初の曲を書いた。
  • ピアノをニューヘイブンにいた頃イェール大学で勉強するなど早くから音楽の才能を開花させていた。
  • 早くから音楽の才能を示し、14歳でウィーン音楽院の入学を許可され、最初の歌曲が出版された。
  • 商人の子に生まれ、早くから音楽に親しむ環境に育つが、本格的なピアノの教育を受けたのは1857年になってからだった。
  • 早くから音楽に触れ、幼少時よりピアノを、10歳からギターを習い始める。
  • 早くから音楽的神童として知られ、13歳のときにモスクワの指揮者コンクールにおいて優勝する。
  • ヘルマンはハンブルクのユダヤ人家庭に生まれ、早くから音楽的才能を発揮し、11歳でパリに行きフランツ・リストの門下生になった。
  • 靴の修理職人の息子であった彼は早くから音楽教育、特に鍵盤楽器演奏の指導を地元のカントルだったヨハン・ハインリヒ・シュルテジウスから受けた。
  • 早くから音楽的才能を現し、5歳でピアノを学び始めた。
  • アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブンで生まれたリチャードは、父親がレコード収集家で、早くから音楽に興味を抱いていた。
  • 早くから音楽を学び始めたブットシュテットはパッヘルベルに弟子入りし、1678年にエアフルトのプレディガー教会のオルガニストに就任した。
  • 子供の頃、天然痘にかかって失明したことで、ランディーニは早くから音楽に打ち込むようになり、リュートなど多数の楽器演奏、歌、詩作、作曲を習得した。
  • 幼少期はドレスデンの叔母の家で育てられたが、早くから音楽への適性を示し、5歳の頃には、ウェーバーの《魔弾の射手》のアリア〈静かに、静かに、敬虔なる調べよ〉を歌いこなしたという。