早くから起き

41 の用例 (0.00 秒)
  • 二日の朝は快晴だったので、あの人等は朝早くから起きて準備されました。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • 当初の予定を変更して、朝早くから起きだし、夜遅くまで馬を飛ばした。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(上)』より引用
  • いくら君が寝坊だからって、今日は早くから起き上ってることと思っていた。 豊島与志雄『未来の天才』より引用
  • 朝早くから起きだして、大張りきりで庭へと飛び出してくる。
  • 寺のじさまヽヽヽは早くから起きて、用意してくれたのでしょう。 森敦『月山・鳥海山』より引用
  • 幾度も幾度も、朝早くから起きて、城内へこやしをとりに行ったものだ。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 一日が、早くたつようにと思って朝は早くから起きた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • この厳冬にも彼は朝早くから起きて、部下を教育し訓練した。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • その日、あたしは、朝早くから起きて、彼を迎える準備に精を出した。 川又千秋『邪火神』より引用
  • 父の吾郎ごろうや兄の雄一のために食事を用意したのだったら、かなり早くから起きていたはずだ。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • が、早くから起きた瑠璃子の心には、暗い不安と心配とが、泥のやうに澱んでゐた。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • 何となればこんなに朝早くから起きているのを見ると、多くの人々がまだ安眠している時分にも、生活の為に働いているのであろうと感じたからであった。 小川未明『ある日の午後』より引用
  • 実際のところは、動きはもっと早くから起きている。
  • ジルノルマン氏は健康な老人の例にもれず朝早くから起きていて、マリユスが帰ってきた音をきいた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 私は早くから起きて、むかひの畑へ葡萄を取りに出かけた。 太宰治『思ひ出』より引用
  • 「お母さん」は早くから起きて、せわしく働く娘や息子むすこたちに取巻かれていた。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • 朝早くから起きて、熱心に掃除をしていましたよ。 若竹七海『依頼人は死んだ』より引用
  • 私は早くから起きて、むかいの畑へ葡萄を取りに出かけた。 太宰治『晩年』より引用
  • 重ねた上の方の箱には、煮つけたものなどが入れられてあつて、下には今朝早くから起きて拵へた饅頭などが一杯に入れられてあつた。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • ジルノルマン氏は健康な老人の例にもれず、朝早くから起きてて、マリユスが帰ってきた音をきいた。 ユゴー/斎藤正直訳『レ・ミゼラブル(下)』より引用
  • 次へ »

早くから起き の使われ方