早くから町地化

8 の用例 (0.00 秒)
  • 上記のうち三田村は現在の港区と目黒区の区域にまたがる広大な村であったが、現在の港区に属する部分は早くから町地化されて町奉行支配地となっていた。
  • 深川地区は早くから町地化し、町奉行の支配下にあった。
  • 本所地区は早くから町地化し、町奉行の支配下にあった。
  • 柏木村のうち青梅街道沿いの地区は早くから町地化し、柏木成子町、柏木淀橋町と称して町奉行管轄地となっていた。
  • 当区では、西部の深川地区は早くから町地化が進んだが、大正12年の関東大震災による被害が甚大で、その後の復興、区画整理に伴い、昭和初期に大幅な町名変更が行われた。
  • このほか、奥州街道沿いの地域は早くから町地化し、小塚原町、中村町、通新町、真正寺門前、橋場町地方などの町があった。
  • これらの地区は、近世の行政区画では知恩院門前、建仁寺門前、祇園廻り、大仏廻りなどと称されたが、平地部は早くから町地化されて市街地の一部となり、「洛外町続き」と称された。
  • これらの村の区域のうち、中山道沿いや寺院の門前などは早くから町地化し、巣鴨町、巣鴨辻町、駒込七軒町、駒込三軒屋町、駒込妙義坂下町、高田四ツ家町、雑司ケ谷町などの町が存在した。