早くから父

15 の用例 (0.00 秒)
  • 早くから父に学び、粉本類には親子で模写したものが多く見られる。
  • 早くから父に従い、永禄6年に家督を譲られて大和多聞山城主となる。
  • 忠茂は、早くから父や兄と共に豊臣秀吉に仕え、文禄4年の文禄の役では父や兄と共に朝鮮に渡海して朝鮮軍と戦った。
  • ボロト・テムルは早くから父に従って反乱軍の討伐に活躍し、父の死後にその軍を引き継いだ。
  • 早くから父に才能を見いだされ、特別の教育を受ける。
  • 早くから父の仕事を手伝い、1954年の父の死後会社を継ぐ。
  • 早くから父の策略で江戸の徳川家康のもとへ人質として送られ、このとき、家康の計らいで従五位下隼人正となる。
  • 早くから父の後継者となるべく育てられ、1687年にハンガリー王に即位、1690年にローマ王に選出され、1705年の父の死により即位する。
  • 早くから父と共に共同政治を行なっており、慶長12年には徳川家康の許しを得て、財源確保と藩主権力強化のために「御一門払い」と呼ばれる一門の領地没収を強制的に実行している。
  • 十郎祐成と弟の五郎時致は早くから父の仇を討とうと考えていたので妻妾を持つことを考えなかったが、五郎の勧めもあり妾を持つことになった十郎は、自分が死んだ後のことを考え遊女を選んだといわれる。
  • 早くから父に従って各地を転戦する。
  • ニューヨーク州ブルックリンで生まれたブラウンは、早くから父を亡くし貧しい幼少時代を過ごした。
  • 早くから父宗牧から連歌を学んだが、1545年20歳のとき父を失い、後連歌師としての地盤や伝書を引き継いで連歌界の第一人者となる。
  • アンリ・フランソワ・ダゲッソーは、早くから父の手ほどきによって、若干ジャンセニズムの宗教的原理が混じった思想を形成した。
  • 早くから父に絵を学び、錦絵を作画、美人画に優れており、天明6年、11歳の折には「清長實子關清政」の款と「天明六年三月吉日」との書入れのある「女と凧を持つ子供図」を描いている。