早くから日本

26 の用例 (0.00 秒)
  • 早くから日本と通商を許されていた清国は、日本の事情に詳しかった。 三浦綾子『海嶺(下)』より引用
  • 早くから日本でも注目され、高山宏らによってその著作は次々と翻訳刊行されている。
  • また、早くから日本国外に進出し、世界各地に営業拠点、生産拠点を設ける。
  • 連合各国は早くから日本の出兵を求め、ただ一つの障碍であったアメリカもまた出兵に同意してきた。 城山三郎『鼠 ─鈴木商店焼打ち事件─』より引用
  • 早くから日本有数の観光地域でもあったが、戦後になって大手資本による大規模な開発合戦も行われた。
  • 四天王は早くから日本でも信仰されていた。
  • 早くから日本トップクラスのレースに出場し活躍する。
  • 父、茂吉が同じチュービンゲンに先生を訪問したのは二二年だから、先生の声望はずいぶん早くから日本にも知られていたのである。 斉藤茂太『「まさか」の人に起こる異常心理』より引用
  • 特にリトル・ペブルの活動を早くから日本に紹介した一人であり、彼について多くの著作を著している。
  • この日は朝早くから日本軍の南部最前線の全ての陣地がアメリカ軍の攻撃を受け、激戦を繰り広げている。
  • サンドの名と、伝説的な人物像は、いくつかの田園小説とともに早くから日本に知られ、若い人たちに親しまれて来ましたが、意外にまとまった紹介や研究が本になっていません。 サンド/篠沢秀夫訳『愛の妖精』より引用
  • 「雷神」は早くから日本にも紹介されており、今日でも吹奏楽曲として演奏される機会が頻繁にある。
  • ブレーズは、パリでドメーヌ・ミュジカルをやっていた関係上、そこでの演奏が多くのレコードになって、早くから日本の愛好家のところまで伝わっていた。 吉田秀和『世界の指揮者』より引用
  • これは晋の賈后の逸話で、この話は早くから日本で翻案せられて吉田御殿類似の話になっている。 田中貢太郎『賈后と小吏』より引用
  • 支那の革命運動の大立者、孫文という英雄は、もう早くから日本の侠客きょうかくの宮崎なんとかいう人の家にかくまわれているのだぞ。 太宰治『惜別』より引用
  • ジブリ作品は早くから日本国外の映画祭に何度も出品したが、一般大衆レベルでジブリのアニメ映画が早くから受容されていたのは香港である。
  • なお、スペリーやバロースも早くから日本での子会社を持っており、沖ユニバックが唯一の日本での販売チャネルというわけではなかった。
  • また、バットを握る際に両手のあいだが握り拳一つ程度開いた形の打撃フォームが特徴だったが、ゆえに早くから日本野球への適応を疑う声が上がっており、結果的にはその懸念が当たる形になった。
  • 早くから日本が大好きで、同じ1970年9月生まれの伊達公子と親友になった。
  • バルビゾン派の中でも、大地とともに生きる農民の姿を、崇高な宗教的感情を込めて描いたミレーの作品は、早くから日本に紹介され、農業国日本では特に親しまれた。
  • 次へ »