早々

全て 副詞 名詞
6,036 の用例 (0.01 秒)
  • 説明するべき超さんはこれを渡して早々にどこかに行ってしまったのだ。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • しかし夜になっても連絡は入らず、午前零時前には早々と寝てしまった。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • まただれかと遭遇そうぐうしない内に早々にこの場から退散たいさんした方がよさそうだ。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第08巻』より引用
  • そのまま、その中のひとりと早々に結婚を決めようとするかもしれない。 梅田みか『愛人の掟2』より引用
  • 彼女とはどうにかして早々に別れなければならないと僕は思っていた。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 伊駒和彦といって、入社早々から仕事の面倒をみてくれている人だった。 阿刀田高『空想列車(上)』より引用
  • いまの話を全部聞かれたかのように不安になって、早々に徹は玄関を出た。 三浦綾子『続・氷点』より引用
  • 結婚早々なんだが、急に仙台へ転勤になったとかおっしゃってましたね。 西村京太郎『夜間飛行(ムーンライト)殺人事件』より引用
  • 東京の郊外へ着く早々、私達は林の中にでも住むような便りなさを感じた。 島崎藤村『芽生』より引用
  • 兄の一郎とその家族は、母親の手術が終わると早々に引き上げて行った。 新井満『尋ね人の時間』より引用
  • 大きな建物だったが、半分は古く灰色で、あとの半分は新築早々だった。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』より引用
  • 通信を終了させ、銃をしまった龍宮は早々にその場を去っていった。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 明日の朝早々に、 わしは例の運命の女神姉妹たちのところへ行ってくる。 シェイクスピア/大山俊一訳『マクベス』より引用
  • むしろ動かない木の枝なら早々に当てられるようになったことを誉められた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • おヒゲの先生も入院早々で、もうすっかり患者さんらしくなりましたね。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 早々に合図を送り、ここに避難所があることを知らせてやるべきかな? 安部公房『飛ぶ男』より引用
  • 飛んだことをしたと後悔して、お道は早々に彼の草雙紙を返してしまつた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 学園都市に着いて早々に相当にレベルの高い三人組に出会うことが出来た。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 女性としての自信とイタリア語の自信、双方が早々と瓦解した瞬間である。 田丸公美子『シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ』より引用
  • お雪は家を持つ早々こうして女も働けば働けるものかということを知った。 島崎藤村『家』より引用
  • 次へ »