日銭を稼ぐ

29 の用例 (0.00 秒)
  • 大楽毛に移り住み、ここで姉妹は日銭を稼ぐために門付けを始めた。
  • おまけに巡礼や修験僧は芸人のように日銭を稼ぐこともできやしねえ。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • オーナーのじいさんは駐車場の隣に住んでいて、自分の土地の一部分を駐車場にして、日銭を稼いでいるって感じだ。 植松真人『自動車の名前。』より引用
  • 屋台で日銭を稼ぐことも、その者たちの世話で出来た。 藤沢周平『又蔵の火』より引用
  • クアーティが元々好きだったという手品を立ち寄った村でやってみせ、日銭ひぜにかせいだ。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第6巻 大魔術教団の謎(下)』より引用
  • 似非えせ祈祷きとうで日銭を稼いで流れ歩かずとも、娘は岡山市内に家の一軒も持たせてもらえるかもしれないのだ。 岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』より引用
  • この時世に千石船に乗り、カンカン虫で日銭を稼ぐのも、自分の船を手に入れたいという志があるからじゃ。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • 新たな隊長に我慢できず、負傷したことを契機に隊との契約を解除するが、日銭を稼ぐ毎日に参ってしまう。
  • 工場労働者は日給制で日銭を稼ぐ時代だった。 森瑤子『望郷』より引用
  • 劉備興業は虚業というしかなく、資本もとでなどなく、借家に住んで日銭を稼ぐ、その日暮らしの生活をしているようなものなのだ。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • このようにポルノ映画への出演やボディーガードなどをこなして日銭を稼ぐ極貧生活が長く続いた。
  • 浪人は普段は内職をして日銭を稼いでいる男だが、時々は町道場に通って、剣術の腕を磨いていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • アメリカの西海岸で不況時にジットニーと呼ばれるT型フォード等を失業者達が日銭を稼ぐ為に始めた事に由来すると言われる。
  • その場かぎりのアルバイトで日銭を稼ぐことしかやってこなかった神取は、職業とは金を稼ぐ手段だけではなく、もっと束縛的なものだということを知らなかったのである。 井田真木子『プロレス少女伝説』より引用
  • 大人のパーティは手っ取り早く日銭を稼ぐところで、なかよし教室じゃない。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • 惣兵衛は何喰わぬ顔で店を続け日銭を稼いだ。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 最後に、まともに日銭を稼いで暮らすおふくろのことを考えた。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • 日銭を稼ぐため、夜はビジネスマン向けに英会話教室を開き、生計の足しにした。
  • 金魚売の多くは日銭を稼ぐために短期で勤めていたものらしく、冬になると扇の地紙売りなど別の仕事を請け負っていたようである。
  • 父はこの方法で日銭を稼いだ。 佐野良二『尾なし犬』より引用
  • 次へ »