日配

全て 名詞
23 の例文 (0.00 秒)
  • 日配では、前科があったり無収入であったりしても、一般永住者資格を取得できる。 ...
  • 戦後の1949年に日配は解体され、現在も続く取次会社の多くがこの頃に創業している。 ...
  • その後、長谷川家は日配から戻された第1巻の在庫に占拠される事態となった。 ...
  • 日配が、それらのくだらない本を、束にして、配給して各書店の空虚な棚を埋めさせた。 ...
  • 小川は当初定価50銭とするつもりであったが、出版取次の日配から1円にしてほしいとの要求があり、妥協として80銭にしたという。 ...
  • 出版取次を一手に担ってきた日配の突然の活動停止は出版社を苦境に陥れ、この時多数が倒産している。 ...
  • この事態を受けて同年9月、10月に日配を母体とした取次会社が相次いで創業し、そのうちのいくつかは2015年現在も大手取次として存続している。 ...
  • 一時より三越六階の日配でドイツ映画「急降下爆撃機」の試写あるも、行かず。 ...
  • 神田村の中小取次は、日配の解体により設立された東京出版販売株式会社や日本書籍販売株式会社といった大取次の大規模化・効率化とは別に、人の手によるきめの細かい対応と地の利を生かした迅速な商品確保や専門性の高い品揃えなどにより、東京を中心とした多くの書店の商品調達の場として地位を確保した。 ...
  • これらは日配の機関紙であった。 ...
  • 日配の解体、再編成は、集中排除法という経済面から強行されて、三ヵ月以上にわたった出版界の経済封鎖の過程では、大出版企業者をのぞく、すべての出版事業がいちじるしい危機にさらされた。 ...
  • しかしB5判の横綴じで店頭に並べにくいと返品され、日配に断られ全部長谷川が引き取ることになり、自宅は返品された第1巻に占拠された形になった。 ...
  • また、情報局による検閲を受けた後、奥付に配給元である日配と出版社の住所を明記しなければ日配は配本しないと定められ、日配は言論統制のための一翼を担った。 ...
  • 日配が使えなくなったため、毬子が大八車を雇って直接小規模取次を回り頼み込んで第2巻を納入していたが、その第2巻が読者に好評だったため、B5判の第1巻も書店から引き合いが来るようになった。 ...
  • ベトナムにおける日配惣菜の製造販売および畜肉原料の加工製造販売事業を2017年3月より開始。 ...
  • ベトナムで最新鋭のオートメーションシステムを導入した日配惣菜製造および畜肉加工工場を双日グループが運営するロンドウック工業団地内に建設し、日配惣菜製品を現地小売業者向けに、また、畜肉加工品を現地小売業者および外食店向けに販売。 ...
  • お内儀さんもいて、「雑誌に参ちゃん、参ちゃんて書きはりましたさかい、日配イ行っても、参ちゃん参ちゃんでえらい人気だっせ」 そしてこちらから言いだす前に「改造」や「中央公論」の復刊号を出してくれた。
  • 次へ