日目の夕刻

27 の用例 (0.00 秒)
  • あの男が、ぼくの部屋のドアをたたいたのは、二十七日目の夕刻だった。 夢枕獏『悪夢喰らい』より引用
  • 即ち、事件がすっかりひっくりかえってから、三日目の夕刻のことである。 横溝正史『金田一耕助ファイル02 本陣殺人事件』より引用
  • そして、事件が起きてから四日目の夕刻、小森伸江は殺人を自白した。 今野敏『心霊特捜』より引用
  • と美女の声が伝えたのは、六日目の夕刻であった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • 加恵がうっすらと目を醒ましたのは三日目の夕刻であった。 有吉佐和子『華岡青洲の妻』より引用
  • お国を乗せた駕籠かごを伴っているため、彼らが駿府の大久保屋敷に到着したのは、それから三日目の夕刻であった。 山田風太郎『忍法封印いま破る』より引用
  • 二日目の夕刻、宿へ帰るとき、花子は加藤の前をあぶなっかしい格好で滑っていた。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 三日目の夕刻に到着していた徐夫余じょふよが、邑の奥から飛んで出てきて、大牙たちのために水を命じ、馬たちの世話をするよう指示を出した。 井上祐美子『五王戦国志8 天壌篇』より引用
  • 二日目の夕刻になって、キュービット氏から手紙が来た。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • かくを出てから、四日目の夕刻のことだった。 水野良『ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下)』より引用
  • 五日目の夕刻、新幹線の普通車で、子供らにとっては祖母のような「伯母ちゃん」が出て来た。 阿川弘之『末の末っ子』より引用
  • デーツコエ・セローの郵便局から伸子がジジヨウシラセと東京の家へ電報した三日目の夕刻だった。 宮本百合子『道標』より引用
  • 十日目の夕刻であった。 山田風太郎『地の果ての獄(上)』より引用
  • 男具那たちの一行が、吉備の水軍が碇泊ていはくする児島こじま湾に到着したのは、四日目の夕刻だった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 2 西戦の巻(上)』より引用
  • 四日目の夕刻に力のない顔で帰ったので由布が食事をたずねにゆくと、たべない、とぶっきら棒にいった。 水上勉『木綿恋い記(上)』より引用
  • ブレードのまちを出て二日目の夕刻のこと、夜営の準備に入ろうとしていたフレイム軍は、自分たちが向かっている南の空が赤く染まっているのに気がつき動揺どうようの声を上げた。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』より引用
  • 二日目の夕刻に、まだスクリーンのモニター作業のほとんどを受けもっていたフィデル・バチスタは中間距離で動く塊状のものがスクリーン上に見えたと判断した。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • 三日目の夕刻、ようやく彼は寝床を離れた。 吉行淳之介『砂の上の植物群』より引用
  • 高向臣国押が山背大兄皇子一行が生駒山に隠れているらしい、と伝えたのは三日目の夕刻だった。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(下)』より引用
  • 二日目の夕刻である。 西村京太郎『雨の中に死ぬ』より引用
  • 次へ »