日本語訳

1,148 の用例 (0.02 秒)
  • そんな日本語訳を十五年前に出版した国書刊行会はきとくな会社である。 セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』より引用
  • まず英語で話し、続けてその日本語訳を言うという独特の話し方を持つ。
  • なお同年に長山洋子が日本語訳でカバーしシングルをリリースしている。
  • さらに自身のサイトで短い証明の英語版と日本語訳を公開している。
  • その日本語訳は、資料によって以下のように若干の表記の揺れがある。
  • 特に『論語』は日本語訳や解説書が多数刊行されているなど人気が高い。
  • 中華圏の作家による武俠小説の日本語訳は、近年になり多く出版された。
  • 同書は、2011年に外国語版として初めて日本語訳が刊行されている。
  • なお今作品は現時点では日本語訳等の付属する国内盤は発売されていない。
  • 原作の日本語訳もゲーム版発売後に小学館から上下2巻で発売された。
  • その日本語訳は何通りかはあるものの、いずれも軽微な表記の揺れである。
  • 出版されているもの このほかにも様々な日本語訳が存在する。
  • 人民の力党、市民の力党 という日本語訳があてられることもある。
  • タイトルに使用された日本語訳は大きく3つの系統に分けることができる。
  • その当時の日本語訳は資料によって以下のような違いがあった。
  • これには日本語訳も存在しており、が毎年の定期演奏会で必ず取り上げている。
  • 世界遺産登録名の日本語訳は、資料によって以下のような違いがある。
  • 日本語訳では他にマリ平和維持学校やバマコ平和維持学校とも呼称される。
  • 試験名の日本語訳によっては、高等文官試験と表記されることがある。
  • その日本語訳は資料によって以下のように若干の違いがある。
  • 次へ »