日本語文献

137 の用例 (0.00 秒)
  • そのため、日本語文献ではイリューシン設計局の通称で知られていた。
  • ファンを研究対象とした日本語文献として以下のものがある。
  • 日本語文献においては多くの場合、これらは対潜ロケットと呼称されている。
  • 日本語歴史的言語学、奈良時代並びに平安時代の日本語文献学を専門とする。
  • チェコ語名はヤンであるが、日本語文献で用いられることは稀である。
  • 日本語文献では、以前のアントノフ設計局の名で知られている。
  • さらに、歴代天皇の名前と略伝を日本語文献のとおりに列記している。
  • しばしば日本語文献で用いられるブーランという表記は誤りである。
  • この他、チェルカッシィといった言語特定不可能な表記も日本語文献では見られる。
  • イタリア側もドイツ語地域であるので、日本語文献ではドイツ語名で呼ぶのが一般的である。
  • 日本語文献では翻訳を加え「八一飛行演技隊」とも表記される。
  • 日本語文献では千人長、千戸官などの訳が当てられている。
  • 日本語文献ではアウエルシュタットと書かれることも多い。
  • 日本語文献では英語名称より「ジェノア」と記されることもある。
  • 日本語文献においても英語やドイツ語の表記に従ってJS-2と書かれることもある。
  • 日本語文献においては英語やドイツ語の表記に従ってJS-7と表記されることもある。
  • 日本語文献では、しばしばロシア語名のゲトマン・サガイダーチュヌィイで紹介される。
  • 日本語文献の入れ方は出典の書き方を参照されて下さい。
  • これに関連し、著者が日本の研究成果を無視しているという批判もあるが、いくつかの日本語文献を紹介はしている。
  • 日本語文献ではセシリアの名で言及されることが多く、本記事でも以下これを用いる。
  • 次へ »