日本語対応手話

30 の用例 (0.00 秒)
  • 明晴学園は授業で用いる手話は日本語対応手話ではなく日本手話を用いている。
  • また聴者が使用する手話は、日本語対応手話であることも多かった。
  • 日本語の文法体系や音韻体系を反映する手話として日本語対応手話がある。
  • 日本手話と日本語対応手話は文法上は全く異なるものであるが、単語の多くは共通している。
  • 日本語文法が身に付いている人達にとっては、日本語対応手話は日本手話よりも覚えやすい。
  • 日本語対応手話は、主に日本の難聴者や中途失聴者に使用される。
  • しかし全日本ろうあ連盟はこうした立場を明確に批判しており、手話を日本手話と日本語対応手話に分けて両者を対立する概念とする立場は受け入れられないとしている。
  • また日本の公立聾学校の教職員が使用する手話は、日本語対応手話である場合が多い。
  • 現在のところ日本のろう学校での手話を用いた教育は、日本手話ではなく日本語対応手話や同時法によるものである。
  • 日本に日本手話・日本語対応手話・中間手話が存在するように、アメリカにも英語対応手話や中間手話が存在しており、それぞれ無視できない数の使用者を持っている。
  • 日本手話は、言語学的にいえばクレオール言語であり、ピジン言語である日本語対応手話とは区別される。
  • 日本語対応手話は、語順が日本語のため、日本手話のような非手指動作はほとんど使われないとする意見もあるが、名詞の多くが手指表現+口型で意味が確定されることも多く、日本語の活用語尾の多くが口型で示されることが多い。
  • こうした指摘には二つの立場があり、聾教育における日本語対応手話の使用は徹底的に排除すべきであるという立場と、日本国で使用される手話の核となるのは日本手話であるが、それ以外の各種の手話を排除すべきではないという立場とに分けられる。
  • 日本語対応手話は基本文法が日本語のため、日本語文法どおりそのまま手話単語に表すような感じになる。
  • 日本手話だけが日本の手話であると考える立場からは、日本語対応手話や中間手話が主流である現在の手話法は、手話法ではないと攻撃されている。
  • 日本語対応手話の語義にはかなりのブレがある。
  • 同会の主張に概ね理解を示しつつも、日本で使用されている手話を「日本手話」と「日本語対応手話」に厳密に分けて考える姿勢への疑問を示した。
  • 日本語対応手話とは、日本語の文法や語順に手話単語を当てはめた手話の一種である。
  • 日本手話以外の日本の手話を全て「日本語対応手話」とする立場の者にとっては、これも「日本語対応手話」の一種である。
  • 日本の公立ろう学校は1990年代以降、手話を取り入れているところも増えているが、その大半は日本語対応手話や同時法であった。
  • 次へ »