日本語字幕

172 の用例 (0.00 秒)
  • 日本のディスカバリー・チャンネルでは日本語字幕版が放送されていた。
  • せりふの英語を見ただけですぐ日本語字幕の文句が頭に浮かんでくる。 清水俊二『映画字幕の作り方教えます』より引用
  • なお、他の放送波と異なり、日本語字幕は一部を除き表示されていない。
  • 日本語字幕公開時では冠ではなく、ミスリルという名前で表示されている。
  • また通常版では日本語字幕しか表示されなかったが英語字幕も可能になっている。
  • そして、これを7字から9字の日本語字幕にしなければならないのである。 清水俊二『映画字幕の作り方教えます』より引用
  • 日本語字幕版と異なり、日本語・朝鮮語のデュアルステレオ放送となる。
  • 日本語字幕をそのとおり〝恋の骨折り損〟としてとつけくわえておいた。 清水俊二『映画字幕の作り方教えます』より引用
  • 日本のFOXチャンネルでも一部エピソードが日本語字幕で放送されている。
  • 登場人物の台詞は日本ではアニメを除き英語音声・日本語字幕となっている。
  • この映像はネットを通じて世界へ発信され、日本にも日本語字幕付きで伝えられた。
  • 日本では、初めて日本語字幕が付されたトーキー作品としても知られている。
  • 映画公開当時は英語音声・日本語字幕による字幕スーパー版のみの公開であった。
  • 日本では1989年10月21日に日本語字幕のみ劇場公開された。
  • フジテレビでは二ヶ国語放送に日本語字幕を付ける形で放送された。
  • 映画で日本語字幕付きのものはその旨が書かれる。
  • 日本では1972年1月15日に日本語字幕版が劇場公開された。
  • しかし、日本公開時には日本語字幕がついていなかった。
  • 一部の映画館では、日本語字幕版および英語字幕版が上映された。
  • 以下の作品が日本語字幕付きで発売されているが、大会中に使用された音楽は著作権の問題で別のものに差し替えて収録されている。
  • 次へ »

日本語字幕 の使われ方