日本語吹替

82 の用例 (0.01 秒)
  • ミシェルと山本は本作の日本語吹替版で自身の役を自ら吹き替えている。
  • 日本語吹替入りで、本編の他に数多くの映像特典が収録されている。
  • 日本語吹替版ではハンクスの専属声優の江原正士がいずれも担当している。
  • その他には日本語吹替や多数の映像特典も収録されている。
  • 劇場公開版の日本語吹替版では、主要3人の声の出演は有名タレントが担当している。
  • 一方、1990年代になって、日本語吹替での持ち役制度はほぼなくなる。
  • それぞれの映画作品に存在する全ての日本語吹替版の最長版を一挙に収録して発売する企画である。
  • この他にも、佐野史郎が分析官役で日本語吹替に参加している。
  • 日本語吹替版は、テレビアニメ版と同一のキャストによって吹替が行われている。
  • 日本語吹替は主に大塚明夫がつとめることが多かったが、近年は固定していない。
  • 過去に地上波放送された際に、日本語吹替が製作された。
  • 過去に原田眞人による日本語吹替版が制作されたが、放映もしくはソフト化はされずにお蔵入りとなっている。
  • 日本では、日本語吹替版のみ劇場公開された。
  • また、「コメディバザール」枠で初めての日本語吹替版作品でもある。
  • 日本語吹替では声優ユニットの「スフィア」のメンバーが起用された。
  • 再編集・日本語吹替版収録はなく、オリジナルそのままの姿でDVD-BOX化された。
  • 日本でも1966年から日本語吹替版がTBSで放映された。
  • 地上波では、2009年5月から日本語吹替版を日本テレビ系が放送している。
  • 後にテレビ洋画劇場でも放映され、この際の日本語吹替音声が日本版DVDに収録された。
  • 日本語吹替版も制作されている。
  • 次へ »