日本語入力コンソーシアム

7 の用例 (0.00 秒)
  • このことは、日本語入力コンソーシアムの発足からすでに相当経過しているにもかかわらず、これといった成果が得られていないことからも明らかであろう。
  • 日本語入力コンソーシアムは、日本語に適した入力方式の普及と標準化を目的に1989年に発足した業界団体である。
  • なお、日本語入力コンソーシアムが提案しているJIS化提案では、親指キーの配置については「位置」ではなく「領域」で指定されている。
  • NICOLAは、日本語入力コンソーシアムが親指シフト規格のうち一部仕様を変更した規格である。
  • 日本語入力コンソーシアムでは、親指シフト規格の一部仕様を変更した、NICOLA規格のキーボードを普及させてデファクトスタンダードとすることと、新々JISキーボード化による公式標準化を目指している。
  • 新JIS化に挫折した後、富士通は親指シフト規格の権利を1989年に発足した業界団体「日本語入力コンソーシアム」に譲渡した。
  • 日本語入力コンソーシアムには、富士通のほか、過去に親指シフトキーボードを発売したことがあるアスキー、ソニー、リュウドなどの企業が名を連ねている。