日本語の表記

86 の用例 (0.00 秒)
  • 明治の大変革はしばらくの間、日本語の表記には影響を与えなかった。
  • このホテル中探しても日本語の表記はこれだけしか見当らない。 梅田みか『別れの十二か月』より引用
  • 年代によりさまざまな日本語の表記が行われている。
  • 両者が似た名前となるのは、日本語の表記でLとRの音を区別しないためである。
  • 本項目では現代日本語の表記体系とその歴史を扱っている。
  • 日本語の表記体系では、日本語の文章等を文字によって表記するための系統的な方法について解説する。
  • アイヌ語や中国語のほか、日本語の表記においても用いられた。
  • これらが公布されたことによって、日本語の表記基準は大きな転換期を迎えた。
  • 漢字かな交じり文は現在でも日本語の表記体系のなかで重要な地位を占めている。
  • 日本語の表記では長母音を無視してファリダバドやファリダバードとも表記される。
  • 和漢混淆文は、現在の日本語の表記体系の元となる文体である。
  • 可は日本語の表記に使われる漢字のひとつ。
  • この項では日本語の表記における主立った2つの方式である縦書きと横書きについて述べる。
  • 日本は漢字文化圏に属し、日本語の表記には漢字とそれから派生した仮名を主に使用する。
  • わかち書きを行わない日本語の表記では、この原則が語と語の切れ目を表示する機能を担っている。
  • 屋台の名称に日本語で「わんだ焼き」と付いていたり日本語の表記もまれに見ることができる。
  • 山田美妙は日本語の表記法についてさまざまな実験と提案を行い、言文一致体の成立に大きな役割をはたした。
  • 他の言語では説明を追加したり単語自体を変更したりしなければならない情報でも、日本語の表記システムを用いれば同じ単語の表記を変えるだけで伝えることができる場合がある。
  • ただし現在の日本では、ラテン文字を用いての日本語の表記法、および表記そのものをローマ字と呼ぶことが多く、本項目での記述はこれに相当する。
  • 新聞社に限らず、めいめいが自分の方針で日本語の表記のあり方を探求するのはすこぶる貴重なことだと信じてゐるからである。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • 次へ »