日本語の歌詞

85 の用例 (0.00 秒)
  • 日本語の歌詞がついたものとしては、次のものがよく知られている。
  • 外国人が日本語の歌詞で歌っている曲も対象となっている。
  • また、日本語の歌詞を付けた盤も出されるなど、彼女の活動の舞台は日本に置かれた。
  • スピーカーからは、珍しく日本語の歌詞を乗せたメロディーが流れている。 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • これに日本語の歌詞をつける形で藤波がカバー、自身の入場曲として使用した。
  • ブックレットには日本語の歌詞が、別紙で中国語の歌詞が書かれている。
  • 曲作りには最初に仮英詞がついていて、そこからイメージして日本語の歌詞が書かれた。
  • 楽曲の冒頭の日本語の歌詞は以下のようなものである。
  • オユンナの自作の曲「母の子守歌」に日本語の歌詞をつけ発売された。
  • 他に日本語の歌詞を付け、雪村いづみが歌ったバージョンも存在する。
  • 大瀧と細野は音楽性を重視していたため、ロックに日本語の歌詞をつけるこの提案に反対した。
  • その他にも、同曲の演奏に日本語の歌詞をつけた「海のマーチ」という曲が存在する。
  • これを理解して聴いていると英語の部分と日本語の歌詞のつじつまが合っているのがよく分かる。
  • たとえそれが日本語の歌詞であろうと、僕は歌い手の声さえ楽器の一部だと見なす習慣を持っている。 谷川流『涼宮ハルヒの秘話』より引用
  • 日本語の歌詞については、 などの疑問が呈されており、謎の多い歌詞となっている。
  • 殆どの曲は日本語の歌詞で歌っているが、スキャットだけの曲やインストゥルメンタルの曲もある。
  • なお、江利は曲の大半を日本語の歌詞で歌っていた。
  • 後に、小林自身により日本語の歌詞がつけられ、このときに「夜がくる」のタイトルがつけられる。
  • アブラハムの子とは、アメリカ合衆国の童謡が元で、日本語の歌詞が付けられ流行した。
  • 乗組の中には日本語の歌詞で唱っている男もいた。 安部譲二『時速十四ノット、東へ』より引用
  • 次へ »