日本語

全て 名詞
29,134 の用例 (0.02 秒)
  • うちの両親は日本に興味があって、日本語を勉強していたことがあるの。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • そんな文章を書いてからしばらくして、この本の日本語版が出版された。 津野海太郎『小さなメディアの必要』より引用
  • 日本語とは言いかたの言語だと言ってもいいほどに、その役割は大きい。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • そして日本語においてもかつてそれに類似した語があったものの様である。 喜田貞吉『「ケット」と「マット」』より引用
  • それは一面に純なる生きた日本語の発展を妨げたともいい得るであろう。 西田幾多郎『国語の自在性』より引用
  • 日本語の封建性は日本の人民の実質的な民主化の水準を示すものである。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 日本名で呼ばれてはいるけれども、混血児の広成は日本語がわからない。 杉本苑子『胸に棲む鬼』より引用
  • 日本語にならぬ漢語は、すべて使はないといふのが自分の規則であつた。 二葉亭四迷『余が言文一致の由来』より引用
  • 大体の子たちが挨拶程度の日本語を話すことができ、書くこともできる。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • はじめて日本語を学ぶ外国人のために、理解しやすい基本型を作りたい。 江國滋『日本語八ツ当り』より引用
  • 島の中年男のなかには今でも日本語の片ことを話すものがいるという。 豊田穣『南十字星の戦場』より引用
  • しかし彼と話をしているうちに日本語が分らなくなると英語でしゃべった。 堀辰雄『恢復期』より引用
  • その真精神にそむくばかりでなく、日本語としても生きないからである。 作者不詳『まざあ・ぐうす』より引用
  • 日本語をよく知らない外国人労働者が、なんとか書きあげたものだろう。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 上』より引用
  • ラジオを日本語に改めても、実力によつて戦ひとつたことにはならぬ。 坂口安吾『外来語是非』より引用
  • 宗介の知る限りでは、マデューカスは日本語をまったく知らないはずだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集06 あてにならない六法全書?』より引用
  • でも今はそういう時代じゃないし、日本語も話してみたいなと思って。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • この考えかたは日本語の空間的構成においてもまた可能と思われる。 中井正一『芸術の人間学的考察』より引用
  • 日本語だって、わしが二時間ばかりかかってすっかり調べあげて来たのさ。 海野十三『宇宙の迷子』より引用
  • 私が日本語を話すのを発見したときの子供たちの驚きようといったらなかった。 ニコル『C・W・ニコルの旅行記』より引用
  • 次へ »