日本航空機製造株式会社

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 過去には、日本航空機製造の生産分担を行ったこともある。 ...
  • 日本ではじめての航空機であるYS-11を製造するため設立された日本航空機製造社長に1962年就任。 ...
  • 他に、国内航空機メーカー各社が航空機設計の基礎技術を確立し、蓄積したことで、日本航空機製造の設立当初の目的を達したとの判断もあった。 ...
  • 他に、国内航空機メーカー各社が航空機設計の基礎技術を確立し、蓄積したことで、日本航空機製造の設立当初の目的を達した判断もあった。 ...
  • 日本航空機製造の経営赤字は1966年の航空機工業審議会の答申で既に提言されていた。 ...
  • 日本航空機製造により、3本の記録映画が製作されている。 ...
  • 日本航空機製造が解散したことで、旅客機の設計、製造だけでなく、販売・金融・プロダクト・サポートなどのアフターサービスのノウハウなどの次世代への継承が行われず、その後の旅客機の設計・製造・販売能力を自ら放棄してしまったことになったが、以後の民間旅客機の企画・設計・生産・販売における教訓は残した。 ...
  • 三菱から多数の技術者が出向し、日本航空機製造でYS-11の開発が行われていた1960年ごろから企画が始まった。 ...
  • この手法はボーイング社のボーイング707や日本航空機製造のYS-11など、後続の与圧構造を用いる多くの航空機開発において採用されている。 ...
  • 日本航空機製造株式会社は、1959年に設立され1982年に解散した、日本の航空機メーカーである。
  • ハイジャックされた日本航空機製造YS-11はリース機であり、航空機登録上は大韓航空が使用できるように韓国籍にされていたが、所有権はメーカーである日本航空機製造が持っていた。 ...
  • 四男は三菱重工業副社長や戦後初の航空機製造会社である日本航空機製造社長及び成田国際空港委員長を歴任した荘田泰蔵。 ...
  • 特殊法人ゆえの杜撰な経営と、次期開発機が組織の経営能力を超えたジェット旅客機を想定していた技術偏重の体質など、民間旅客機メーカーの体を成していなかったことで、日本航空機製造の赤字体質脱却は不可能とみられても仕方がなかった。 ...
  • 技術を伝える後継機となるYS33の開発計画が進まないまま、日本航空機製造は1981年12月28日の閣議で、業務の民間への移管と1982年度中の解散が正式決定された。 ...
  • なお、東亜国内航空や全日本空輸が使用する日本航空機製造YS-11の後継機候補として、日本に売り込みのため飛来したこともあったものの、最終的に日本の航空会社は採用しなかった。 ...
  • 航空禁止令の一部解除後、日本航空機製造に出向してYS-11やC-1輸送機の開発のリーダーを務める。 ...
  • 特殊法人である杜撰な経営と、次期開発機が組織の経営能力を超えたジェット旅客機であった技術偏重の体質など、民間旅客機メーカーの体を成していなかったことで、日本航空機製造の赤字体質脱却は不可能であり、これ以上の税金の投入は無駄であるとみなされても仕方がなかった。 ...