日本組合基督教

49 の用例 (0.00 秒)
  • 日本組合基督教会の成立に伴い、各地に派遣され東北地方の伝道などを行う。
  • 在学中に日本組合基督教会霊南坂教会で洗礼を受けクリスチャンとなる。
  • 日本組合基督教会大阪教会が運営に責任を持った。
  • これは日本組合基督教会に強い影響を与えた。
  • 日本基督教団加入に当たっては日本組合基督教会系の第3部に編入された。
  • 後に日本組合基督教会として編成された。
  • 牧師になるために、日本組合基督教会に嘆願書を提出したが、2回も却下された。
  • 会衆派の流れを汲み、日本基督教団成立以前は日本組合基督教会に属する教会であった。
  • 日本組合基督教会は朝鮮総督府より莫大な資金援助を受けて朝鮮植民地伝道を繰り広げた。
  • 日本組合基督教会は朝鮮総督府より莫大な資金援助を受けて朝鮮植民地伝道を繰り広げる。
  • アメリカン・ボードと熊本バンドの二つが、日本組合基督教会の源流である。
  • 日本基督教団京都教会は、京都市にある、元日本組合基督教会、現在は日本基督教団の教会である。
  • クリスチャンとしては日本組合基督教会大森めぐみ教会の会員として、教会に通った。
  • 宗教団体法に伴う日本基督教団の成立により、日本組合基督教会から1941年に日本基督教団第三部に加入する。
  • 渡瀬 主一郎は、日本組合基督教会の牧師で、日本最初の口語訳聖書を翻訳した人物である。
  • 摂津三田教会は、兵庫県三田市にある元日本組合基督教会の教会で、現在日本基督教団の教会である。
  • アメリカの会衆派教会はアメリカン・ボードを形成して、明治時代の日本に宣教師を派遣して、日本組合基督教会を形成した。
  • その後、今治教会は日本組合基督教会に所属する。
  • 明治26年以降、日本基督伝道会社、日本組合基督教会より経費の補助を受けるようになったので、次第に編集人と執筆者が組合教会系の関係者によって占有されていった。
  • 綾部の日本組合基督教会牧師の次女内田光恵に恋愛感情を持ち、結婚を考えるようになる。
  • 次へ »