日本映画俳優名鑑昭和

17 の例文 (0.00 秒)
  • 時期は不明であるが、同社の俳優で同い年の守本專一と結婚しており、1928年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』にはその旨の記述がなされている。 ...
  • 離婚・再婚の時期は不明であるが、『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』が発行された1929年の時点では、すでに俳優の志茂山剛の妻とされている。 ...
  • 本田の来歴については明らかでないが、『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』が発行された1934年の時点では、すでに故人であるという旨が記されている。 ...
  • 同年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』及び1934年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』によれば、日本キネマを設立したという旨が記されているが、同プロダクションの別称又は誤りであるかどうかは不明である。 ...
  • 初期に「押本映治の実兄」説が流れ、『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』の両名の項目にもその旨の記述がされたが、『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』では「押本映治」の項で「押本七之助を兄に持つはあやまりである」と否定している。 ...
  • 同年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』には、入社前に井上の指導で1年間程度、劇場に出演していた旨の記述があり、ほかには、趣味は「社交ダンスと水泳」、住居は「府下蒲田町松竹キネマ蒲田スタヂオ」と記されている。 ...
  • ただし同時代資料である『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』の「中村吉松」の項には「1900年12月27日」生まれである旨の記述が存在する。
  • 同年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』では「川田弘道」、翌1929年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』では「川田弘三」の名でそれぞれ掲載されている。
  • 同年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』には、山下の住所は京都市右京区鳴滝桐ケ淵町、高木の住所は神奈川県高座郡相原村橋本のものが記載されている。 ...
  • 同年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』の原の項目によれば、身長5尺、体重17貫、京都市上京区北野白梅町に在住していた。 ...
  • 生年月日については、初期の文献である『日本映画年鑑 大正十三・四年』には「明治三十年一月二日」、『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』では「明治三十年一月元旦」とされている。 ...
  • 翌々年1928年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』など一部の資料によれば、京都府葛野郡花園村天授ヶ丘、京都府京都市一条通大将軍坂田町7番地と転々と住み、趣味は絵描き、ダンス、散歩であり、洋酒と外国煙草が嗜好であるという。 ...
  • 翌1934年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』によれば、蒲田区道塚町189番地に住み、身長は5尺4寸、体重は13貫、趣味は音楽で、中華料理が嗜好であるという。
  • 本名については、『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』や『芸能人物事典 明治大正昭和』、あるいは『日本映画俳優全集・女優編』には「須田 シヅ」とあるが、『著作権台帳 昭和26年度版』および『婦人年鑑 12』には「加藤 しづ」あるいは「加藤 シヅ」と記されている。
  • 翌々年1929年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』によれば、京都府葛野郡花園村斎宮町、奈良県生駒郡生駒町と転々と住み、身長は5尺4寸1分、趣味は散歩と読書で、甘味の物とバナナが嗜好であり、好きな俳優はロン・チェイニーと大河内傳次郎であるという。 ...
  • 同年に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』によれば、京都府京都市右京区鳴滝中道町に住み、身長は5尺3寸、体重は13貫500匁、趣味は麻雀、ピクニックで、中華料理が嗜好であるという。 ...