日本外務省

40 の用例 (0.00 秒)
  • DAの日本語訳について日本外務省では「民主連合」を使用している。
  • タイ大使館からの連絡で日本外務省が動いた結果だろう。 近藤紘一『戦火と混迷の日々』より引用
  • 日本外務省はこのような指示を出したことはないと釈明したが、この事は日伊間での外交懸案となった。
  • 日本外務省と公安調査庁の共同発表は次の通りである。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • なお日本外務省や日本共産党はチェコ・モラビア共産党の日本語訳を使用している。
  • 協定成立と同時に以下の日本外務省声明が発表された。
  • 日本語訳について日本外務省では「新しい政治の形」としているが、文献によっては「政治のもう一つの可能性」としている場合もある。
  • 長い間、日本外務省の懸念していたことは、米国が日本の頭越しで勝手に中国との関係を正常化することだったが、その悪夢通りになったのである。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 韓国人女性の国際結婚相手は日本人男性が最も多いと韓国では報道されたが、日本外務省が発表した海外在住日本人の年間結婚数では、日本人の韓国での婚姻数は100人弱となっており、かなり数字の矛盾がある。
  • ここまで書いた時、NHKが孫文と日本外務省の秘約について、非常に興味あるスペシャル番組を放送した。 豊田穣『革命家・北一輝』より引用
  • 従って第一次大戦の始まる前には、日本外務省は、孫文が政権を取り大総統に就任した暁には、この盟約書に盛ってある条項が実現されると期待していた。 豊田穣『革命家・北一輝』より引用
  • 彼の生涯を通じて特筆すべき事は1916年に日本外務省の法律顧問に就任後、彼が自身の国際法観に従い支那における日本の立場を一貫して擁護し続けた点である。
  • アメリカは第一次大戦で暗号解読に努力しただけあって、今度の戦争でも初めから見事な暗号作戦を展開して、日本外務省の開戦最後通告も全部ワシントンの情報部で解読されていた。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • チャイナ・スクールとは、日本外務省において入省時に中国語を研修語とした外交官を指す用語である。
  • 日本外務省は、本国領土を持たないで仮政府を亡命政府として承認すれば、本国に領土を持たない自由フランスや大韓民国臨時政府に対しても理論的承認を与えることになると危惧した。
  • 日本外務省は、在留邦人に対する嫌がらせ行為があった事を警告し、日本政府は冷静になるよう呼びかけている。
  • 日本外務省の規定によれば外人旅行者は働いてはいけないことになっているのだが、みなさんご存知のお国風だからヒッチハイカーたちは、トンと仕事に困らない。 開高健『ずばり東京』より引用
  • 声明の中で、今後も外国人を襲撃対象とすると述べており、今後も同様の事件の発生が懸念されることから、日本外務省はギルギット・バルチスタン地域への渡航延期を勧告している。
  • その後、バティは日本外務省に再雇用される形で晩年を過ごし、1954年2月9日死去した。
  • そして各部屋を封印したのち、備品目録を日本外務省に預託し、やがて赴任してくるであろう新共産政府の大使への引きつぎを依頼していったことを、後に聞いた。 近藤絃一『したたかな敗者たち』より引用
  • 次へ »