日本国外務省

30 の用例 (0.00 秒)
  • 日本国外務省は独立宣言を非難し、アフリカ連合を支持する立場をとっている。
  • 日本国外務省では「安易な気持ちで手を出したりしないように」と注意を呼びかけている。
  • なお、日本国外務省による公式表記はサクスコブルクとなっている。
  • 日本病院建設準備委員会は「日本病院建設趣意書」を作成し、日本国外務省へ送った。
  • ただし日本国外務省からは、特使派遣報告をはじめとして日露戦争や休戦に関連する情報は出されていない。。
  • 当時、日本国外務省はナチス党とは距離を置く方針であり、独自の行動で同党とのネットワークを構築していた大島は、日独同盟の推進者となっていった。
  • 中国政府は日本国外務省に対し、老朽化して手狭になった中国大使公邸などの建設用地として取得すると説明している。
  • この数字はアメリカ側では「海兵隊の運用」という軍事機密に関わる情報とみなされており、後に日本国外務省に対して抗議を行った。
  • 人名の日本語表記について、日本国外務省がタンターウィと表記しており、日本語メディアではタンタウィと表記されることが多い。
  • また、日本国外務省から発給される旅券の表紙には「日本国」の表記と十六一重表菊を提示している。
  • また、北朝鮮の核実験・ミサイル発射実験を受け、日本国外務省は日本国民に対して渡航の自粛を勧告している。
  • しかし2006年11月、大使は、国名表記を決定する裁量は日本国にあり、日本国外務省への国名変更要請はしていないため、公式な日本語表記はオーストリアのままであると発表した。
  • 日本では英語名のグアテマラシティ と呼ばれるのが一般的で、日本国外務省の各国・地域情勢でも首都は「グアテマラシティー」と記載されている。
  • 日本国外務省は、同日中にプレスリリースとして、日本側が職務の重圧のために自殺したと表明した事実はないことを発表しており、両者による説明は、真っ向から食い違っている。
  • 日本政府は解放要求をしたものの、日本国外務省は「国交がないから、民間ベースで話し合え」として国交が無いことを理由に不作為に終始した。
  • 日本国外務省のによると、2009年にエクアドルのモロナ・サンティアゴ県及びパスタサ県において発見された数体の首無し死体について、切断された首はシュアル族の間に伝わる方法によって干し首にされ、インターネット販売されている可能性があるという。
  • 日本国外務省はイスマイリーヤ県と表記している。
  • 日本国外務省では、文春の発売日の翌日12月28日に開かれた、報道官の定例記者会見において、館員の自殺の事実およびその原因として「現地の中国側公安当局関係者による、こうした条約国の義務に反すると見られる遺憾な行為があった」と認めた。
  • 旅客は国籍を問わず自由に誰でも乗船できるが、日本国外務省は、韓国の入国手続に従った竹島への上陸を自粛するよう日本国民に呼びかけている。
  • UPI通信は、6月16日、ベオグラードのB92ラジオのニュースを引用し、特使は独立承認と100年以上前に勃発した日露戦争の休戦の通達を行う予定と報道したが、日本国外務省からは、特使派遣報告をはじめとして日露戦争や休戦に関連する情報は出されていない。
  • 次へ »