日本囲碁

20 の用例 (0.01 秒)
  • 「日本囲碁連盟」名義で囲碁関連商品の販売や通信教育を行っている。
  • 現行の日本囲碁規約においては、より一般的な定義がなされている。
  • この記事では日本囲碁界の記録を記載する。
  • 古典棋士たちについては日本囲碁大系が刊行されている。
  • なお一部で誤解されているが、この事件によって日本囲碁規約が改訂されたということはなく、この事件の影響はプロの間で終局処理が実際に日本囲碁規約に沿った形で明確に行われるようになったということである。
  • 「大一番に好局なし」という言葉を覆したこのドラマチックな七番勝負は、現代日本囲碁界のハイライトともいわれている。
  • 実際の呉清源は戦前、戦後にかけて日本囲碁界の第一人者となったが、中国側の脚本家は呉清源の故事が念頭にあったことを述べている。
  • 全盛期には日本囲碁界の第一人者として君臨し、「昭和の棋聖」とも称される。
  • 以後は著作と研究に専念、『日本囲碁大系』の編纂などを手がけた。
  • しかしこれは『日本囲碁規約』から見れば厳密には正しくない。
  • 成文化されたルール上においては、日本棋院囲碁規約では個別的に死に形であると定められていたのに対し、1989年制定の日本囲碁規約によって隅のマガリ四目が死にであることの合理的根拠付けが与えられた。
  • 三宅一夫は名古屋に中部日本囲碁連盟を設立するなど、地方都市や朝鮮、台湾に支部を設けるようになる。
  • 幕末に著された『大日本囲碁姓名録』には、二段野口松、豊田源など七名が記されている。
  • なお1989年制定の日本囲碁規約では、死活判定において「コウの取り返しはないものとみなして」お互いが石を置いたとして生きられるかで判断されると定めたため、やはり死にとなる。
  • このように競技人口の高齢化が深刻な問題となっていた日本囲碁界だったが、1998年から2003年まで週刊少年ジャンプにて漫画『ヒカルの碁』により囲碁ブームとなり、多くの子供たちが囲碁を打つ姿が見られるようになった。
  • 日本囲碁規約逐条解説では、死活例が多数示されているが、あくまでも基本パターンを示したに過ぎず、ここでも対局者両者の合意が前提となる。
  • 囲碁では日本囲碁規約の規定上は三劫以上の多元劫、長生、循環劫などの状態になった場合、対局者が合意しないと勝負は無限に継続されるため、厳密に言えば有限なゲームではないが、実際にはほぼ有り得ないことであり、ゲーム研究では有限として研究されている。
  • その後、プロ棋士によるトーナメント戦としては、1933年に読売新聞主催の日本囲碁選手権手合が行われ、優勝者呉清源と本因坊秀哉名人との記念対局が話題となった。
  • また1933年には、読売新聞2万号記念事業の一つとして主催された「日本囲碁選手権手合」トーナメントで、決勝で橋本宇太郎に勝って優勝し、10月に本因坊秀哉との記念碁を打つ。
  • 第一次世界大戦後からの碁界合同の機運が高まった1922年、時事新報の矢野由次郎や代議士の大縄久雄発起で、秀哉以下の坊門、方円社、16世井上因碩を始めとする関西の棋士、稲垣日省など中京の棋士が署名した「日本囲碁協会」の趣意書が配付され、政財界からも多くの賛同を受けた。