日本の外務省

163 の用例 (0.00 秒)
  • 日本の外務省は外国の大統領や首相に対する敬称として使用している。
  • 日本の外務省および陸海軍が戦前・戦中にかけて使用した暗号機を示す。
  • 日本の外務省によると外国の医療団が被災地入りするのは初めてのことである。
  • 外交記録公開文書とは、日本の外務省により公開された外交に関する記録文書を言う。
  • 翁は日本の外務省から通知があり次第荷造りをして発送すると云はれた。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • また日本の外務省は、犠牲者の中に1組の日本人夫婦が含まれていたことを発表した。
  • 現在もデモ活動は行われているため、日本の外務省は注意喚起を行っている。
  • 日本の外務省が提供する「」では、米国について、次のように述べている。
  • 日本の外務省は経済収斂基準について次のように紹介している。
  • 現地での発音はであるが、ここでは日本の外務省の表記にならった。
  • なお、日本の外務省はウェブ上などでルッケ・ラスムセンと表記している。
  • 現在の日本の外務省の公式文書等では東シナ海と表記され、日本国内では一般化している。
  • 独立行政法人国際交流基金は、日本の外務省が所管する独立行政法人の一つ。
  • 勿論これは安達君の所為せゐではがうも無い、日本の外務省の心掛が悪いのである。 与謝野寛『巴里より』より引用
  • そのため、日本の外務省の資料では必ず「バンコク都」と表現される。
  • 日本の外務省は米軍に保護を求めたが、内外からその釈放を求める動きもあった。
  • 日本の外務省では通常これら基礎自治体を「市」と呼び表している。
  • また日本の外務省は、英語研修を受ける新人外交官を派遣している。
  • 日本の外務省から「国際常識にもとる発言」だとしてただちに抗議に遭う。
  • 日本の外務省はブラジルの多くの主要地域に対して「十分注意」の危険情報を発している。
  • 次へ »