日本の国語教育

7 の用例 (0.00 秒)
  • 彼の将来についてと日本の国語教育についてだ。 稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』より引用
  • これを礼儀正しく言へば、今の日本の国語教育は文学趣味に毒されてゐるといふことにならうか。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • そうして私は、日本の国語教育者がアメル先生と同じ歎きを持たないように念じている。 ドーデ/大久保和郎訳『月曜物語』より引用
  • 日本作文の会によれば、日本の国語教育で「書くこと」が重視されるようになったのは、戦後のことであるという。
  • ところが今の日本の国語教育では、名文を読ませるのは二の次、三の次にして、子供の書いた大したことのない文章、およびそれに誰かが手を入れていつそう悪くした文章を読ませる。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • また定年退職後も「大村はま 国語教室の会」を結成し、日本の国語教育の向上に勤めた。
  • 日本の国語教育の「古文」で教えられる古典文法の活用体系や係り結びの法則、47文字の仮名の区別は平安中期のものを基準としているが、院政期はこれらが崩れてくる時期ととらえられる。