日本の国語

49 の用例 (0.00 秒)
  • それも文明の中心地帯でありながら、日本の国語とは全く違った話を日常続けているのである。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 日本の国語辞典では、この説を記載しているものが多く見られる。
  • 内容は日本の国語教科書に出てくるものとほぼ同じである。
  • 地縛霊は近年では一部の日本の国語辞典にも掲載されている。
  • 彼の将来についてと日本の国語教育についてだ。 稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』より引用
  • これを礼儀正しく言へば、今の日本の国語教育は文学趣味に毒されてゐるといふことにならうか。 丸谷才一『日本語のために』より引用
  • それは日本の国語がまだ語格までも変る程には変遷してゐないといふ事を指摘したに過ぎなかつた。 石川啄木『弓町より』より引用
  • 而してまたかかる人が奈良におったのでありますから言葉も多少輸入され、日本の国語も影響を受けずにはおらない。 高楠順次郎『東洋文化史における仏教の地位』より引用
  • 日本語は日本の国語であることから、国語学とも呼ばれる。
  • それは日本の国語がまだ語格までも変るほどには変遷へんせんしていないということを指摘したにすぎなかった。 石川啄木『弓町より』より引用
  • 日本の国語として伝統的な形である。
  • そうして私は、日本の国語教育者がアメル先生と同じ歎きを持たないように念じている。 ドーデ/大久保和郎訳『月曜物語』より引用
  • 日本の国語審議会は2000年末に、通訳・翻訳の重要性を指摘し、次のように提案した。
  • そしてこれはちょっと要らぬことのようでありますが、これが日本の国語または文化によほど関係があるということをお話しようと思って申上げたのであります。 高楠順次郎『東洋文化史における仏教の地位』より引用
  • 日本作文の会によれば、日本の国語教育で「書くこと」が重視されるようになったのは、戦後のことであるという。
  • この教科書を見る機会を得たことによって私は,日本の国語教育には大きく欠落している要素があり,そのことが日本の学問の進展にも影を落としていることにはじめて気づいた. 木下是雄『レポートの組み立て方』より引用
  • その西洋人は日本の国語と、そのアクセントを丁寧に習得した人であったから、美しい東京弁なのである。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 其で、日本の国語の為、殊に、古代文法を研究する為には、沖縄語は大事である。 折口信夫『熟語構成法から観察した語根論の断簡』より引用
  • そこで、日本の国語学者たちのあいだでは、語源の穿鑿せんさくは、つい敬遠されがちになる。 森本哲郎『日本語 根ほり葉ほり』より引用
  • ところが、これまで日本の国語教育はどうも言葉としてのセンスを国民に与へるやうに仕組まれてゐなかつた。 岸田国士『外国語教育』より引用
  • 次へ »