日本の国策

33 の用例 (0.00 秒)
  • 植民地時代は『君と僕』など日本の国策映画への出演も余儀なくされた。
  • 日露通信社とは、かつてロシアに存在した日本の国策通信社である。
  • 二人は日本の国策を探って、ソ連に通報しているという容疑であった。 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用
  • 昭和十五年五月から六月にかけて、日本の国策が陸軍主導になる出来事が起こった。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(上) 軍内抗争から開戦前夜まで』より引用
  • これによって、正式に「開国」を日本の国策とすることが正式に決定したのである。
  • 東洋拓殖は日本の国策会社で、朝鮮において地主経営を行っていた。
  • 実質的には日本の国策会社であった。
  • 日本原燃株式会社は、核燃料サイクルの商業利用を目的に設立された日本の国策会社である。
  • 日本ジェットエンジン株式会社は、日本の国策ジェットエンジンメーカー。
  • 文明国たる資格があることを示すことで、悲願である不平等条約体制を打破することは日本の国策であった。
  • 写真協会は、内閣情報部が1938年7月に設立した対内外宣伝・写真配信・出版物制作などを目的とした日本の国策機関である。
  • 陸海軍の考えは、すなわち日本の国策となる時代だったから、あとは連絡会議と御前会議で事務的に承認されればよいだけだった。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(上) 軍内抗争から開戦前夜まで』より引用
  • このいきさつについては、世界に数社しかない固体燃料ロケット開発メーカーが外国資本に参入された会社であることは、日本の国策に重大な影響を及ぼす可能性があると考えられたことによるようである。
  • さらに満州における南満州鉄道や満州重工業に相当する日本の国策会社を中国本土にも設置しようとした。
  • 北支那開発株式会社は、1938年に設立され、1945年まで中国華北において経済開発事業を行った日本の国策会社である。
  • ある日本人たちは、松岡が日本の国策について法廷で大いに雄弁をふるってくれることを期待していた。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 戦前、日本各地から大勢の満蒙開拓団が渡ったが、それは日本の国策で大陸に送り出された移民だった。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • ロケットエンジンの開発メーカーは世界でも少数に限られ、日本の国策にもかかわるため、ルノーの資本参入が決定される際に水面下で様々な駆け引きがあったと言われている。
  • また、県として朝鮮半島海域における漁業権を取得したりもしているが、これは当時の日本の国策に同調したというよりは、古代からその方面とのつながりが深く、ごく自然に起こった行動のように思えた。 半村良『英雄伝説』より引用
  • また長春以南の満州各都市には、日露戦争後、日本の国策会社である南満州鉄道が行政運営を行う鉄道付属地が設置され、日本人の都市在住者の多くがここに居住した。
  • 次へ »