日本の囲碁

15 の用例 (0.00 秒)
  • 関西棋院選手権戦は、日本の囲碁の棋戦で、関西棋院の棋士が出場した。
  • 日本の囲碁の棋聖戦リーグでは、AリーグとBリーグ勝者で挑戦者を決定している。
  • 日本の囲碁棋士一覧では、日本の現役の囲碁棋士全員を記述する。
  • 日本の囲碁界の事情は将棋界に近いが、順位戦という制度が囲碁にはないため、プロ棋士の退き際は完全に本人の価値観にゆだねられる。
  • 囲碁棋士の獲得タイトル数ランキングは、日本の囲碁棋士による獲得タイトル数のランキングである。
  • 江戸時代以来日本の囲碁界の第一人者は、本因坊家、安井家、井上家、林家の家元四家の中から選ばれる名人であり、昭和初期当時には1914年に就位した二十一世本因坊秀哉がその地位にあった。
  • 日本の囲碁愛好家数は、レジャー白書によると、囲碁人口は2013年末時点で推計600万人である。
  • フマキラー囲碁マスターズカップは、日本の囲碁棋戦である。
  • 高川格は、日本の囲碁棋士、本因坊戦9連覇の功績により名誉本因坊として高川秀格と号し、後に二十二世本因坊を贈られる。
  • 全日本囲棋選手権大会は、日本の囲碁の棋戦で、1934年から1936年まで、東京日日新聞、大阪毎日新聞主催により2回開催された。
  • 新人王戦 U-25は、しんぶん赤旗・日本棋院・関西棋院が主催する日本の囲碁の棋戦で、日本棋院と関西棋院の25歳以下、六段以下の棋士が参加する。
  • 新垣 望は、日本の囲碁インストラクターである。
  • 新垣 未希は、日本の囲碁インストラクターである。
  • 万波 奈穂は、日本の囲碁女流棋士である。
  • 出身プロ棋士としては、村松竜一、青木伸一、青木喜久代、高野英樹、鶴丸敬一、加藤充志、鈴木嘉倫、秋山次郎、溝上知親、山下敬吾、望月研一、山田晋次、大沢奈留美、大場惇也、安藤和繁などがおり、日本の囲碁レベル向上にも大きな役割を果たしている。