日本の唱歌

10 の用例 (0.00 秒)
  • 明治以降に作られた日本の唱歌には、外国の曲に詞をつけた物がかなりある。
  • そいつは戦争中、日本の唱歌や軍歌を歌わされて学生時代を過した。 筒井康隆『48億の妄想』より引用
  • その他の古くからある日本の唱歌なども幅広く歌っており、レパートリーは数千曲に及ぶ。
  • また、年に数回老人ホームを訪問したり、地域のイベントへ出演し日本の唱歌を歌うなど、地元との交流も活発である。
  • のち35年目に仕事で再会し、ともに『日本の唱歌』を編纂した。
  • しかし現在では、中世・ルネサンス期の作品から現代音楽まで含まれ、また、抒情歌と呼ばれる日本の唱歌や歌曲・童謡なども名曲として扱われるようになってきている。
  • その合間に、ときたま日本の唱歌を年に二つか三つぐらい教わる、といった按配であった。 鮎川哲也『死者を笞打て』より引用
  • 日本の唱歌だった。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • その他にNHK紅白歌合戦でも歌われた「君の故郷」や、坂本九の『見上げてごらん夜の星を』のカバー、日本の唱歌やテレビアニメ・子供向け番組の主題歌も、数多く歌っている。
  • 桜井の訣別は、日本の唱歌の一つ。