日本の原発

18 の用例 (0.00 秒)
  • 鳩山は、「ベトナムは日本の原発技術を使うことを検討するだろう」と述べた。
  • これに対しては、日本が安全技術に優れる日本の原発を輸出することが懸念に対する具体的対応策であるとする意見もある。
  • 日本共産党はアメリカの日本の原発政策に対する各種言動を内政干渉と強く批判している。
  • また、日本の原発について経済産業省から独立した中立的なメンバーによって構成される、原子力を監視する第三者機関の設置を提案している。
  • 日本の原発テロ対策には不備もあるといわれる。
  • 福島第一原発事故の後は、主に日本の原発や放射能に関する諸問題を取材するかたわら、福島の子どもの救援活動を行っている。
  • 鈴木自身、事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所と日本の原発の構造は違うために大事故は起こらない、爆発することも放射性物質が外に漏れることもないと断言していた。
  • 日本国はこの時期原子力発電の新規導入を進めていて、プライス・アンダーソン法に相当する原子力損害の賠償に関する法律を制定することになり、日本の原発で事故が起きた際にどれくらいの被害が出るのかを見積もっておく必要が生まれた。
  • 日本の原発では、例えば「数人のゴロツキが昼間に、正面から突っ込んできた場合」というレベルの訓練しか行われていないのが実情である。
  • 日本が加盟すると熱出力の要件を満たし条約が発効するので、日本の企業が製造した原発が事故を起こしても、輸出先が加盟国なら日本の企業の責任は免責されるので、日本の原発メーカーは輸出しやすくなる。
  • また、日本の原発推進におけるキーマンでもあった。
  • ベトナムなど新興国も引き続き日本の原発を欲しがっている。
  • 原子力発電所で使用される発電機や加圧器を構成する部材も製造しており、「室蘭が止まったら日本の原発が止まる」と評される。
  • さらに2011年10月31日には首相の野田佳彦がズン首相と官邸で会談し、2010年に合意した日本の原発建設を計画通り実施することを再確認した。
  • 同月12日には日本の原発事故を踏まえ、老朽化した原発を抱える南西部ネッカーベストハイムの近郊で、反原発団体の約6万人が手をつないで原発閉鎖を要求する「人間の鎖」を作った。
  • 例えば、小林よしのりは、日本の原発がテロ攻撃に対して非常に脆弱であること、外国人工作員やオウム真理教信者がかつて原発作業員として潜入した事実があること、海沿いに立っている原発が外国の工作船による海上からの攻撃にさらされかねないことを指摘し、原発を「潜在的自爆核兵器」と呼んで、原発の危険性を指摘した。
  • 山崎久隆は、「スリーマイル島原発事故が起き、日本の原発の安全性も問題になっていた」時期という点に着目し、更に事故の前月の4月18日、日本原子力発電敦賀発電所にて放射性廃液の漏洩事故があったため、福島県議会も事故当日である5月12日に福島第一原子力発電所へ立入調査を行っていた事実を提示している。
  • 「新興国寄与に日本の原発産業の基盤強化に繋げたい」としてアブダビ、ベトナムなど各国の原発の受注活動を広げるも、韓国に相次いで敗れ、受注は失敗していた。