日本の前途

37 の用例 (0.00 秒)
  • また議員連盟「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」も否定的である。
  • 日本の前途が暗く見えだすとき、あの方がいられることを思うとすぐ希望が戻ってきた。 久生十蘭『だいこん』より引用
  • 日本の前途は実に多難で、いまだかつて経験しなかったような事態になる。 酒井美意子『ある華族の昭和史』より引用
  • 戦争の実態を知らなかった国民が、日本の前途に不安を感じたのはこのころからであった。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • 年頭に、新聞が予想した日本の前途は、決して、明るくはなかった。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • それがれられなかったため、彼らは日本の前途のため、暗殺を決行したのではないか。 豊田穣『海兵四号生徒』より引用
  • 新新円が出るといふ噂も御座いますが、何が飛び出してくるやら全く日本の前途は暗澹としてゐます。 原民喜『書簡』より引用
  • メンバーの多くは日本の前途と歴史教育を考える議員の会にも参加するなど北朝鮮による日本人拉致問題や歴史認識で安倍と行動を共にしている。
  • 勤労階級を締め出している団体が何で日本の前途を憂える必要あるのか、と。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 日本の前途も自分個人の前途も、ただ暗澹あんたんとして、毛筋ほどの光も認められなかった。 山田風太郎『死言状』より引用
  • このころから軍部が次第に横暴となり、軍国主義の暗い影を日本の前途に投げかけてきた。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 私は日本の前途に深い憂いを抱いて帰って来たのであるが、帰ってみると、一般にうわついた気分のみなぎっていることを感ぜざるを得ない。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • 日本の前途に悲観的であったという点で彼が斥ける漱石や鴎外が、はたして彼よりも価値のない日本人であったかどうかは歴史が決定するであろう。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • 清和政策研究会事務総長を務めたほか、かつて慰安婦問題で調査を行い、南京事件は存在しないというレポートを出した日本の前途と歴史教育を考える議員の会会長を務める。
  • つまるところパパは、あたしが日本の前途に絶望して、満寿子さんのように書置きでも書いているかと心配しているんだ。 久生十蘭『だいこん』より引用
  • 然し、日本の前途を思うと、そうはしておれぬ。 直木三十五『南国太平記』より引用
  • 歴史教育に関する議員連盟の設立を呼びかけ、1997年2月、「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」の結成に加わった。
  • 海軍から米内光政を失うことは惜しむとしても、彼の総理大臣就任で、日本の前途に明るいものを見ることを最も強く望んだ人の一人は、山本五十六であったろう。 阿川弘之『山本五十六』より引用
  • たとえ立場はちがっても、氏が日本の前途ぜんとと、現代文明の帰趨きすう真剣しんけんうれえている人であることは、だれしもみとめるでしょう。 竹山道雄『ビルマの竪琴』より引用
  • 池田蔵相も同感で、「英米を相手にしなければ、財政経済の点からいっても、日本の前途に対して力になるものはない、という点をもっとうんと確かめてみなければ安心ができない」と言い出した。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 下』より引用
  • 次へ »