日増しに強く

31 の用例 (0.00 秒)
  • あなたの欲求は日増しに強くなり、実際彼にそれをぶつけるようになる。 梅田みか『愛人の掟2』より引用
  • スミスの頭の中ではこうした懸念が日増しに強くなっていった。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • 心の中の『あいつ』は、日増しに強く、はっきりとした存在に増長しているのだ。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • あたしたちがいっしょに住めば住むほど、あたしたちのきずなは日増しに強く完全なものとなるのです。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • そして円盤への関心は日増しに強くなり、ぼくの生き方の根源的な部分になりつつあった。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 任期6年目の全斗煥大統領にとって事実上最後の年となる1987年に入ると、大統領の直接選挙制を実現するための憲法改正を求める声は日増しに強くなってきた。
  • そんな思いが日増しに強くなっていく。 池上永一『レキオス』より引用
  • という思いが日増しに強くなり、ついに十六日、光國は幕府の許しを得ると、弟たちを引き連れて江戸を出た。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 達川の忠告のこともあったが、日美香の中で、佑介との結婚話をもう一度考え直したいという気持ちが日増しに強くなっていたからでもあった。 今邑彩『蛇神』より引用
  • 上方では羽柴秀吉が清洲会議を経て織田家の事実上の後継者となっていたが、柴田勝家との対立が日増しに強くなるなど不安定な状況にあった。
  • 結局のところ、もう一度フェリックス・フェリシスを飲みたいという誘惑が日増しに強くなっていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06b ハリー・ポッターと謎のプリンス(下)』より引用
  • 女主人にたいする愛着が日増しに強くなって、しまいには自分が何をしているのか、また彼の言葉でいうと、自分の頭をどこに置けばいいのか、自分でわからなくなってしまったと打ち明けてくれた。 ゲーテ/高橋義孝訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • クアンは政治的にセーニーに近いものであったが、この政権で最も影響力を有したのは、反日的見解を日増しに強くしていったプリーディーであった。
  • という思いが、日増しに強くなってくる。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • その感覚が、日増しに強くなってくる。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 日増しに強くなる拳銃に対する感情を抑えきれなくなった士郎は、専門書を入手すると銃を分解するなどして扱いに熟練し、ついに休日になると人知れず野山で実包射撃を試すようになり、通勤するにもひそかに拳銃を携帯するようになった。
  • そして「国鉄分割民営化」を求める声も日増しに強くなっていき、国鉄は合理化の推進など支出削減を迫られたのである。
  • 第二次世界大戦がついに勃発すると「交渉による平和」を訴えたが、ドイツの侵略がポーランドから北欧へと拡大する中でモズレーの親独的な和平の主張に対する風当たりは日増しに強くなった。
  • トヨタには通産省の圧力が日増しに強くなっているが、この間、説明に行ったのは元通産省事務次官の副社長、山本重信だけである。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • 大学卒業の頃からもっと上達したいという願望が日増しに強くなり、当時来日していたメイナード・ファーガソンのクリニックに参加する。
  • 次へ »