日の暮れる

278 の用例 (0.00 秒)
  • 日の暮れる前から何処の家でも申合わせたように雨戸を立ててしまった。 原民喜『冬日記』より引用
  • 日の暮れる頃にどこへか出て行って、夜の更けた頃に帰って来たようです。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • それから日の暮れるまで進みましたけれどどこにも人の居そうな所が見えない。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 熱心に薫香たきものの香をそでにつけて、院は日の暮れるのを待っておいでになった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • そして翌日あくるひ大晦日おおみそかには日の暮れるのをまちかねてまた清月に出かけた。 近松秋江『うつり香』より引用
  • そこで、車を借りてそれを乗せ、日の暮れる頃師匠の家へ運んで来ました。 高村光雲『幕末維新懐古談』より引用
  • そのかわり日のれるまでこの荒れ地をすこし散歩してみたいと思います。 ドイル『白銀号事件』より引用
  • それから日の暮れるまで進みましたけれど、どこにも人のいそうな処が見えない。 河口慧海『チベット旅行記(上)』より引用
  • ああ、その日の暮れるのがどんなに待ち遠しくおもわれたことでしょう! オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(上)』より引用
  • 賢い名倉の母に隠れるようにして、日の暮れる頃には町の方へ歩きに出た。 島崎藤村『家』より引用
  • 三吉を乗せた馬車が、お種の住む町へ近づいたのは、日の暮れる頃であった。 島崎藤村『家』より引用
  • 女の児が日の暮れるまで表に出ていることがあるものか。 岡本綺堂『異妖編』より引用
  • 秋の日の暮れるにはやく、あたりにはすずめ色のもやがかかっている。 横溝正史『人形佐七捕物帳 12』より引用
  • 日の暮れるまでにはなお二つの早瀬を蛮人たちの逞しい橈の力でさかのぼった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • その午後、あたしはられるような思いで、日の暮れるのを待っていました。 久生十蘭『キャラコさん』より引用
  • まだ日の暮れる時間ではないから、この暗さもほんとの暗さではない。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『11 世界木枯し作戦』より引用
  • 女房は日の暮れる頃から産気づいたのであるが、腹の子は容易にこの世に出て来ない。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • 浜辺へ出る道を教わり、日の暮れるまでに大急ぎで見物に行くことにした。 福永武彦『第二随筆集 遠くのこだま』より引用
  • それから蕎麦屋へ帰ってくると、日の暮れる頃に徳次が顔を見せた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 日の暮れるまでに、山道をわけて彼のところまで到着したものは五十名をこえた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 次へ »