日に突如

41 の用例 (0.00 秒)
  • このように大活躍をしたシーズンであったが、6月8日に突如引退宣言をしている。
  • 自宅火事から3日後の12月16日に突如自宅敷地内から遺体となって発見された。
  • そして戦争は、一九四一年十二月八日に突如はじまったのでなく、はるか前から連続して進行していた。 竹内好『近代の超克』より引用
  • その時の私からは部隊構成のことなど脱落し、まるで出撃の日に突如としてそのすべては現前するとでも思っているかのようであった。 島尾敏雄『魚雷艇学生』より引用
  • ヨーロッパでは1939年8月23日に突如、独ソ不可侵条約が発表された。
  • 大戦の当初はポーランドを共に占領していたドイツとソビエト連邦であったが、1941年6月22日に突如ドイツ国防軍がソ連に侵入し、戦争状態となった。
  • しかし、投票日直前の12月18日に突如、盧武鉉候補の支持を撤回すると宣言した。
  • しかし世界金融危機の影響で業績が悪化したスバルは、12月16日に突如WRCからの撤退を表明した。
  • だが、京兆家の政元はこれを認めず、激怒した義春は同年11月28日に突如京都を出て阿波に帰国した。
  • 以前は死火山や休火山であると思われていた山であるが、1979年10月28日に突如噴火した。
  • 四谷銀行は、同年12月15日に突如支払いを停止し、翌16日に休業となった。
  • しかし、ケレタロのイグナシオ・アンブリスが数日中にビーズリーがクラブに到着すると記者会見で語っていたにもかかわらず、それから1週間後の17日に突如としてケレタロの公式サイトでビーズリーがプレーすることはないと発表された。
  • こうした中、2009年7月1日に突如としてサナデルが辞任と政界からの引退を表明したことは、大きな驚きであった。
  • ソ連は8月8日に突如、ポツダム宣言への参加を表明した上で「日本がポツダム宣言を拒否したため連合国の参戦要請を受けた」として宣戦を布告、事実上条約を破棄した。
  • 山本の不祥事発覚翌日の2006年7月19日に突如番組ホームページが削除されるなどし、同7月21日深夜の放送にて、この回をもって番組が終了することを発表した。
  • ところが、寛永20年11月11日に突如甲斐国天目山に配流される。
  • この時からほぼ一年間、この件に関する史料はまったく残されておらず、一二六〇年九月一三日に突如としてヴェルフェン家のアルプレヒト、ならびにヨハンネス・フォン・ブラウンシュヴァイクが登場し、自分たちがハーメルンの半分を授封する地位に立っていることをミンデン司教に宣言させている。 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 ――伝説とその世界』より引用
  • ウィステリア通りに越してきて以来、夫ポールと息子ザックと共に幸せに暮らしてきたが、2004年9月24日に突如自殺を遂げる。
  • 入団後は体力づくりに励んでいたが、初月給支給と翌日の二軍での登板を告げられた4月25日に突如失踪した。
  • しかし5月18日、三人衆や松永久通を伴い京都へ上洛、翌5月19日に突如二条御所を襲撃し義輝を殺害する。
  • 次へ »